羊日記

大石次郎のさすらい雑記 #このブログはコメントできません

ボク、運命の人です。

2017-06-18 21:44:56 | 日記

 未来描写なかったか。お金掛かっちゃうもんなぁ。手堅くは終わった。四谷と定岡のプロポーズも中々良かった。最後のノックは未来改編が上手くいって報告に来たのか、違うトラブルが発生したのか? 続編があるともないとも言える終わり方。例の虹のコンビニにゆく為と思われる乾電池要求や、たぶん将来一郎の恋人? になりそうなピアノ少女と、ちょこちょこフリを入れて見てる方に想像させる要素が強い。しかしフリが控え目っ! SFとファンタジーが入った題材だが全体的にコンパクトな話だった。ピタゴラスイッチ縛りがあるから、毎回あんまり登場人物が勝手にできないようなところもあったような気がする。一郎の介入も大人しいもんね、選タクシーみたいに失敗しても無理から何度もやり直したり失敗しそうになって慌てて横から修正とかできないから、基本的に正解ルートから余り外れられないもんね。でもって何で晴子の方には現れないかは最後まで謎のまま。出産後離婚や死別しているから一郎がコンプレックスを持っている設定だったのかもしれない? 作中に無いからホントのところはわからないが。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニーア オートマタ 41 | トップ | DQ ごろつき 2 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。