羊日記

大石次郎のさすらい雑記 #このブログはコメントできません

黒い十人の女

2016-10-14 19:05:30 | 日記




 作中のゲス不倫ニュースの渦中の男が似過ぎ。最新のモデルの男はさらに上を行っていて、まさにゲス貴族。軽々とハードルを越えてくる。芸能人の中でも叩き易いと見られてんだろね。撮られた娘もトホホ、だよ。セカイノオワリの方ならギリセーフだったのにね。まぁいいか。今回になって弥上の策謀が機能し始めた。意外と結婚したかった弥上っ! 意外と背景が重い弥上っ! 全然気にせず口説いていた風っ! 凄い。5年前の弥上とか、そこ行くの? というくらいのハードな物件だ。やはりただ者ではない。久末の主体性の貧弱さも改めて提示され、佳代も愛人とはまた別の種類の生き物に進化し始めていた。ミニ番組も始めつつ、予告でついに固形物をかけられていたが・・・。誇張されているとはいえ、舞台稽古パートの無駄に高い身体性は確かに舞台役者的。舞台で実写と同じ普通っぽい芝居をしても何やってんだかよくわかんない感じになるんだろうけどね。志乃と美容師は不倫発覚に、その趣味はともかくわりと普通の女子の反応。志乃が案外穏便。風に対する積極性は相当だったが。ツボだといかんともし難いってことか? あの正妻も風に惚れっぱなしのようだし、風の吸引力と持続性が異次元。特に持続性が特異だ。やはり、『居心地』何だろな。女が余裕で10人は入れる広々とした浴槽のぬるま湯、その主。湯中りにつぐ湯中り、もはや湯中りが心地好くなってしまうのだろう。恐ろしい、全員病気だっ! ほのかりんっ!!
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 君枝と良子 | トップ | べっぴんさん »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。