羊日記

大石次郎のさすらい雑記 #このブログはコメントできません

心が叫びたがってるんだ。(実写)

2017-07-23 22:44:47 | 日記



 実写は基本的には丁寧にアニメの筋をなぞりつつ、よりシンプルに交通整理されたようだ。全体的には丁寧だったが、ちょっと取っ掛かりは減ってしまったのかもしれない。 猥雑な部分何かは実写だと無用に生々しくなる場合もあるとは思うが。 しかしアニメ程は映像で盛れないので、普通に真面目になぞると地味になるということはあったんじゃないかな? カットした件や要素の中にはそれぞれの関係性を補完したり、順のストレス症描写を緩和していたような所もあったようだから。玉子の妖精を実写でやるには演出にCG対応スキルと予算が必要にはなってくるのとファンタジー要素を切った実写の話そのまま実写でやるとアニメと違い、順が幻覚症状まで患いかなりヤバい、みたいになってしまうから話をそもそも変えなきゃならないってのはあったとは思う。アニメはどっちともとれるくらいだったようだが、それでもちょっと足りないくらい。最後の失恋と告白は大樹や順の本音をソフトに描いたらしいが、エピカットの分、むしろたぶんアニメより唐突感があり、アニメを知らない私のような客は(まぁ、学生の恋でそんなこともあるだろうが、ちょっとリアクション困る)というところはあった。アニメからして結末に怒ってる人も結構いたようだしね。実写の客はさらに『乗れる乗れない』のジャッジが厳しいだろうし。取捨択一できる長編漫画原作ではなく、同じ2時間程度のアニメ映画原作という難しさはあったんだろうなぁ。ただ青春映画としてそんな大きく間違ったところはなかったはず。間違ってもいい気もしたが。芳根は設定とはいえ序盤硬過ぎて高校生に見えなくてハラハラしたが、中盤辺りからはちゃんと高校生だった。別に学生役でなくてもあんまり固まってる人って、上手くても本人にしか見えなかったりするもんね。柔らかくさらに活躍してほしいぜ。私も順が、そこそこ嫌いという程ではない。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひよっこ | トップ | 続 ニーア・オートマタ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。