羊日記

大石次郎のさすらい雑記 #このブログはコメントできません

CRISIS

2017-06-14 20:22:50 | 日記
 突っ込み所は少なくないが、アクションは見応えがあった。苦い決着までは持ち味な気はしたが、左翼(一周回って極右っぽいのが多かった)も権力者も宗教家も、極端なヤツらはロクでもないという流れから結局全員闇堕ちの可能性を強く滲ませた灰色ENDは微妙かな? 八つ当たりしたいだけじゃんというね。中国スパイに至っては左翼ですらないし。私怨に思想は必要なく、怨む程の良心があるなら再生しろ、という思考もチラリとあったが、わぁっと御破算にしちゃったな。ともかく、続編がある場合チームは分裂した状態で話が始まりそうだ。公安内自体、鍛冶派と非鍛冶派に分かれている設定のようだったから仲間がテロリスト化しなくてもチーム分裂はありそう。特番ドラマが現実的かな?
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 貴族探偵 | トップ | ひよっこ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。