羊日記

大石次郎のさすらい雑記 #このブログはコメントできません

貴族探偵

2017-05-03 22:32:33 | 日記


 コミカルだがグロいという展開だったが、今回は愛香がある程度活躍。貴族探偵が実は優秀だということも認めつつ、ラストはこれまでの幻覚会話ではなく、回想であやふやだった師匠をはっきり描写していた。グロいから数字が上がったというより、推理パートの推理が一応成立していたのが大きかった気がする。これまでグダグダ気味だったしね。推理ドラマでガチで推理するつもりで見ている視聴者って少ないはず。だから推理パートの主人公にあたる人物がふわふわしていると、見ている方もモヤっとするんじゃないかな? 恋愛ドラマのはずがいつまで経っても主人公がまともに恋愛せずに足踏みしているとイライラするみたいな。このドラマの場合、貴族探偵は直接的には動かず使用人達も結果を披露するまではほぼウロチョロしてるだけだから、誰か代わりに『探偵役』の任務を完遂しないといけないのかもしれない。原作は小説、特にラノベだから文章と人物が面白くて挿し絵が強力ならオチまで押し切れるってのはあるんだと思う。読者の『読む』アプローチは視聴者の『見る』アプローチよりもうちょっと積極的だしね。それにしても大雑把な事件だったなぁ。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FF14 光のお父さん | トップ | CRISIS »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。