羊日記

大石次郎のさすらい雑記 #このブログはコメントできません

恋がヘタでも生きてます

2017-06-16 22:58:14 | 日記

 千尋の後輩女子は普通に逆怨みだったか、自己解決していたが。髭男のどこに惚れたのやら? 千尋の当て付けが上手くゆかないのにイラだっているだけのようにも見えたがそうでもなかったようだ。色々ややこしい娘だった。社長の元恋人も死んでるはずがドラマ用に復活させられたが、何とも不遇な結末とあいなった。登場するのが遅かったこともあり美沙と競う形には最後までならず、ごまめ扱いのまま退場。誰が悪いって社長が悪い。大体のことは社長が悪い。何だかんだで気持ちが定まったたらしい悪社長だが、時すでに遅し。美沙は仕事を選んだ。性格的にあの2択になった時点で確定していた。最終回に向けて凄い勢いで状況が整理されていたが、ここにきて千尋が料理の仕事か勉強を始めそうな気配。急にきた。全体的に完全に話を畳む急満々だ。これだけ話を畳むぞっ! とわかりやすく展開するドラマも最近は珍しい。親切というか律儀というか、手堅いね。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人は見た目が100パーセント | トップ | ひよっこ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。