羊日記

大石次郎のさすらい雑記 #このブログはコメントできません

逃げるは恥だが役に立つ

2016-10-12 18:50:43 | 日記

 黒い十人の女と被っちまったな。あっちは脳内情熱大陸の舞台女優へのイジりが容赦なかったが、こっちは繰り返した結果、NHKのプロフェッショナルだったかに移行してやや症状が重症化する流れもあったりもした。父の性格の遺伝や、友達の話、それからお互い恋心に無自覚な様子とはいえ、事実婚までにもう一段ほしかった気もしたかな。みくりの押しの強さが意外だった。しばらくは事実婚をごまかすターンのようだ。それを過ぎてからが本番だろうが、お互いそんなハードルが無いように見えるが、原作はどう展開させてんのかね? 伯母の描き方がただの脇役からややハミ出していたりもした。伯母ターン来ちゃうのか? 話、本編はそんな感じとして、あのトイレ掃除の仕方はなんぞっ?! 韓国軍の可愛がりじゃないんだからっ! 自分からダメージを受けに行く清掃法じゃないかっ。毎回みくりがあれをやっているとすると、この契約婚は一つの性癖によるものじゃないかと思えてくる。あれは無いわ。パンツは別の件とあべこべ過ぎる。無くていいアプローチだし、ガッキーに謎なことさせるなよぉ。誰の趣味なのか? って話ですよっ! 大体今時あんな掃除し難い縁のある洋式便器を製造するメーカーはどうなんですかって、話ですよってことですよっ! ですですですって強調表現ですから。相撲なら今、押し出しされましたからね? 本格的なガッキーファンの人達は電凸しておいた方がいいよ。『みくりのトイレ掃除法がアレな件』とね、凸るとよいと思う。電話が無理ならメールでメル凸だねっ!
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 五十八 | トップ | べっぴんさん »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。