羊日記

大石次郎のさすらい雑記 #このブログはコメントできません

プリンセスメゾン

2016-11-02 19:44:00 | 日記

 何か、童話のモモみたいなところあるね。灰色の男達はいないが、皆童話の街の人々程はシンプルになりきれず、沼ちゃんも沼ちゃんで別に皆の為に頑張るヒロインじゃない。それでも家を手に入れることに直向き過ぎる沼ちゃんと関わって、家を売る人々は心動かされないわけにはゆかない。面と向かって沼ちゃんとマスコット化しない伊達が一番具体的に心配していてね。心配したからには黙ってられないんだよ。止め方が独特だったが。そういう人。案外うっかりな要の人となりもチャーミングだった。今回の沼ちゃんのピンチは合法的で、皆の良心的な手助けで静かに進行し、しかしギリギリだった。被害はポイントカード1枚と一定期間の業務中のヘコんだテンションだけで何とか済んだがヤバいヤバい。金銭的な問題もそうだが、ささやかな夕日と、隣の家族の夕飯の匂いに幸せを感じる沼ちゃんこと幸にはやはり質の違う家だった。要達か思わず歌い出した後のあのもう一段、いい話だけで終われない孤独の影が印象に残った。一人暮らしをした人は皆知ってるお馴染みの影、だね。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 逃げるは恥だが役に立つ | トップ | べっぴんさん »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。