羊日記

大石次郎のさすらい雑記 #このブログはコメントできません

CRISIS

2017-05-03 22:32:40 | 日記


 稲見達の凡ミスと『やってる任務と処理力に対して人数少な過ぎ問題』は変わらずだが、今回も苦い結末。事件物ドラマでよくある爆弾ぐるぐるシチュエーションでバッドエンドか。以外と現場に来た課長の「一旦外に出ろ」から相手に死ぬことを了解させてから見捨ててゆくというね。犯人逮捕とか、そういう次元でもないし、激苦。ただ死んだ教授、家族の件や相手の露悪ぶりと、稲見達と打ち解ける件があったから被害者感強くなっていたが、基本的には自業自得。国家を信用するな、とお前の口が言えたことじゃない、と思わないではなかった。殺った暗殺者達、一応防災課は政府筋、古本屋は北の工作員風にぼやかしていてが話の流れからすると明らかに政府側。ドブ浚い専門な感じだがあの調子だとあの二人は長くないだろうな。あとはバーの女がハニートラップ臭いが、臭過ぎて逆に大丈夫なパターンかもしれない。と、思わせてやっぱりトラップだったパターンもありうる。て、どないやねんっ!
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 貴族探偵 | トップ | ひよっこ »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。