羊日記

大石次郎のさすらい雑記 #このブログはコメントできません

あなたのことはそれほど

2017-05-18 23:01:02 | 日記

 有島はあくまで浮気は浮気で(ここの区切りの鋭利さと始めるハードルの低さと持続スタイルはゲス仕様)妻と家族は第一の男。創作人物だけにちょっと妻の造形が極端ではあるが、有島はごく普通にいる、身内や標準的な対人対応の範囲以外や以下の人には冷淡なタイプの一般人。スクールカースト上位だが、特別大きく出世するでも何か犯罪を犯すでもない。そこそこ有能で攻撃力の高い凡人。面倒臭そうな隣人対応や観察眼の鋭さ等を含め、あの妻と根が似てたりもする。しかし、美津やら涼太曰く、お天道様は見ていたらしくとうとう地雷を踏んでしまった。踏むべくして踏んだというべきか? 特に気の毒とは思えないが。そして元々負の属性持ちだが、同僚の何やら湿っぽい優男以外には悟られずにやり過ごしてきた風な涼太も美津を踏んで覚醒っ!! 美津は美津は何やらあちこちで様々な地雷を踏み倒して覚醒しかかっている。普通の不倫女とは一味違う様子。現時点では具体的な実行に及ぶ程の攻撃性はギリギリキープしている。基本的に美津の様子がおかしいのは作者が取材した様々な不倫女達の人格を一人で吸収しているからだろうな。一方で時々というか、一部にまともな精神が残っていて、普通に怒らない涼太に違和感を感じてみたり、自分で自分にツッコミを入れて我に変えるようなところはある。これがないとすぐ破綻する。有島がいかにして美津から逃れられるか? みたいになってきたが、そう簡単にはいかなそうだ。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FF14 光のお父さん | トップ | 母になる »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。