羊日記

大石次郎のさすらい雑記 #このブログはコメントできません

小さな巨人

2017-05-16 22:30:43 | 日記


 滅茶苦茶引っ張ったゴーンバンク編がようやく片付いた。基本的にはシリアスなのだが事件パートがドSデカ等とそう変わらない時空という独特のバランス。しかし役者は熱演っ! ほぼ歌舞伎だぜ。三笠署長は依願退職でマイナーな警備会社や交通安全協会にひっそり天下りぐらいが落とし所であるはずだが、最後に幸坂を煽らせたいから無理からスライド移動させられていたな。とことん演出優先スタイルだ。新章からは芳根も捜査に加わり(交通課だがなぜか管理官の秘書っぽいことをしていた芳根の役が、簡単に刑事になれた上にトラブルがちな幸坂の元に希望通り速攻で移動できた理由は不明。特に理由はないかも?)、おそらく最終段以外は長くても前後編くらいでコンパクトに今後の事件は解決してゆくと想定される。事件パートが緩いのに引っ張り過ぎると色々粗が目立ってしまう。ギャグやファンタジー要素が強いと何とかなるが、違うしね。やはり歌舞伎スタイルで短く勢いで押し切った方が良いでしょう。幸坂アップでドンッ!「倍返しだっ!!」的な。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニーア オートマタ 9 | トップ | フランケンシュタインの恋 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。