羊日記

大石次郎のさすらい雑記 #このブログはコメントできません

べっぴんさん

2016-10-14 19:05:38 | 日記

 周囲に大事にされつつ、あっという間に出産っ。そして子育てか。すみれは可憐だよね。最初、鰈だよね、と変換してしまったが。それはそれとして、明美と再会はしたが、向こうは微妙な反応。すみれは(あの時のあの子だ)くらいの薄い認識。どう仲間になってゆくのか? 明美の現在のスペックがあれば戦後、普通にやっていけそうではある。占領下の日本で英語話せて、保育の専門家ならね。何らかの経緯が在るんでしょう。すみれ達がお嬢過ぎて見てられないとか? そこまで甘くないか。母解雇もあって、まだ過去に拘っているようだしね。紀夫との連絡も途絶える中、防空壕に。この頃、常子の家では小豆が焦げてヘコむ件だっけ? そこまでグロい描写はなかったが、鞠子が栄養失調で皮膚の病気になったりあっちはあっちで大変だったんだろうが、トータルでは喜劇的な印象が残ってる。叔父さんが来てからは何とかなったし、常子達自体、基本的には喜劇属性の人々だったからなぁ。同じ時代だからクロスオーバーできそうだ。最近コンビでメディアに出てる鞠子と美子なら戦後編でいけるんじゃないかな? そのまんま『子供服を買いに来た浮かれた姉妹』という感じで。無理かぁ。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒い十人の女 | トップ | 明美 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。