乳がん多発骨転移・多発肝転移ステージ4です!のぴりぃのボチボチ日記

S43年生。H24年右乳房温存手術、翌年多発骨転移、H28年多発肝転移。治療のことや日常をつづります。前を向いて。

お互いさま

2017-07-11 17:56:01 | 日記
最近の1週間ほどで、私の両足の麻痺が結構な進み具合をみせております(笑)。

少し前までは「トイレは和式が好き」などと言っていた私ですが、今は、洋式のトイレでも手すりが無いと立ち上がれません(苦笑)。

もう和式のトイレには入れなくなってしまいました…。

が、私は現代に暮らせてラッキー♪
30年前ならば洋式のトイレなんて少なかったでしょうし、手すりも付いていなかったでしょう…。

和式トイレを使わずとも生活に不便はない、今の時代にありがとう!

昨日は昇れた段差が、今日は昇れない私。
昨日は少し急いで歩けたけれど、今日は ゆっくりしか足が動かなくて急げない私。

毎日毎日、確実に進む両足の麻痺が、私の気持ちを不安にします。

私、歩けなく、動けなくなっちゃうのかなぁ。

その不安さが夫にはイマイチ分からなかたったようで、私は「言葉で伝えているのに、なんで夫に分かってもらえないのだろう?」と、ずっと悲しく思っていました。

でも、よく考えたら、私も夫のツラさや大変さは、分かっていませんでした(苦笑)。

いや、過去形ではなく、今も分かってあげられていないかも。
夫の気持ち。夫の大変さ。夫の努力。

あら、やだ。
分かってないのは、夫と私、お互いさま なのね。

お互いさまなら、仕方ないか(笑)。

ふと、そう思いました。

主治医から「病状や状態を家族にシッカリと伝えておくように」と言われたけれど、努力したけど、なかなか出来ていないのだなぁ、私。

夫は夫なりに、頑張ってくれていて。

昨日も今日も私のために、夫自身の仕事を調整して色々と対応してくれました。

今以上、これ以上に私から夫へ「もっと頑張ってよ!」と要求したら……夫が疲れ果てて倒れちゃうかも?!

お互いさま。

いつでも、そう思いながら、自分だけが苦しくて自分だけがツラいのだとの思い込みに陥らずに、前を向いて毎日を暮らせるように。

そんな私になれたら良いなぁ(笑)。

私の長い呟きに お付きあいくださり、ありがとうございます。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日は仕事と抗がん剤と整形... | トップ | 笑いヨガのお知らせです。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。