乳がん多発骨転移・多発肝転移ステージ4です!のぴりぃのボチボチ日記

S43年生。H24年右乳房温存手術、翌年多発骨転移、H28年多発肝転移。治療のことや日常をつづります。前を向いて。

優先順位

2017-03-13 08:42:49 | 日記
おはようございます。
東京は曇り空です。
皆さんのお住まいの地域は いかがでしょうか?

コメントありがとうございます。
リコメできていなくて、すみません。

昨日は市内のシンポジウムを聴きに行き、帰宅後はバタンキューでずっと横になって過ごした私でした。

やはり抗がん剤というものは、私には なかなか厳しいもののようです。

漢方薬やビタミン剤などを医師から処方してもらって飲んだり、着圧ソックスを履いたり、自分なりに対処しています。

にもかかわらず、倦怠感は日に日に増していくばかり。

昨年の9月から始まった抗がん剤(ハラヴェン)は現在9クール目。

10月11月には息子と一緒に走れていたのに。
今では6歳の息子の歩く早さに合わせるのが精一杯です。

抗がん剤の毒性が溜まるというのは本当なんだなぁ…と思う今日この頃(笑)。

そんな今の私が働き続けるためには、土日などの休日をほぼ寝たきりに近い形で過ごさなければならず。

私が寝たきりで休んでいると、夫や子ども達に負担がかかります。

私自身も、貴重な土日の休日に、やりたいことも せず、行きたいところにも行かず、子ども達の笑顔も見られず…。

私にとって、大切なことは何なのか?

家族と自分の幸せのためには、私は今、どうすることが必要なのか?

このまま仕事を続けるか。
それとも、まとまったお休みをいただいて治療や毎日の家族との暮らしに専念するか。

自分で自分の人生の優先順位を決めて実行する時期が、私に今、来ているのかなぁ?と考え中です。

何を一番大切にするか。
…答えは、既に自分の中にあるはずなのです、本当は(苦笑)。

そして、今日も仕事へ行ってきます!(笑)

今日が皆さんにとって穏やかな最良の日になりますように。

読んでいただき、ありがとうございます。
ジャンル:
モブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 知ること。 | トップ | 3月の『がんでも笑顔で生きる... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
みんなちがってみんないい (いずみ)
2017-03-13 11:43:36
こんにちは。のぴりぃさん。
優先順位、なかなか難しいですよね。
仕事もしたい、家族との時間も大切にしたい、でもゆっくり休みたい、、、

のぴりぃさんはずっーと忙しくしてきたのだから、少しまとまったお休みをとるのもいいかもしれないですよね。
卒業入学シーズンはなかなか病気でなくても忙しくて疲れるし、その間だけでもお仕事をお休みするとか~

でも誰かに言われたからとかじゃなくて、やっぱり自分自身でどうしたいか考えて決断するしかないかなって。
いろんな場面で決断をせまられるけれど、自分自身がどうしたいか~ですよね~
どちらも同じくらい優先したい、だから悩んでしまうのだけど。

どんな決断をしても、誰かに言われたからとかじゃなくて自分自身で考えてだした答えなら、どれも間違いじゃないと思います!
それに、少しぐらいのワガママもいっちゃってください!
のぴりぃさん、気を使いすぎて我慢しちゃだめですよ!

たくさんの人がのぴりぃさんのこと応援してくれてると思います!

フレーフレー!のぴりぃさん!

そして、リコメは気にせず~
お疲れ様です (IKUKO)
2017-03-13 12:13:31
お仕事お疲れ様ですm(__)m
何が最善かは自身が決めることですものねー、
知人は仕事休んだらと治療中に進めても、
私はこれが生き甲斐てで好きだから
と私は死なない!と
大晦日まで働いて、3月の始めに
逝ってしまいました、お見舞いにいったとき、
私が寝込むなんて、ありえーん!
もう少しお休みするから!
とそれが私との最後の会話でした!
彼女は幸せだったと思いますが、
残された者としては、
休んで長生きして欲しかった➰(-_-;)
だから、のぴりぃさんにも休んで欲しいわー!
私の希望ですー(>_<)m(__)m
身体がきつくなったら (花花)
2017-03-13 23:08:14
のぴりぃさんは、もう十分頑張ってきてますよ。
今も抗がん剤を続けて、フルタイムで働き、3人の子供を育て、家事をして…etc。
身体が、がんでなくとも年齢とともに人は、しんどくなりますよね。それを治療しての生活ですもん。

時間に追われても、辛くても仕事をして充実で幸せなら治療代のために頑張っていけるけど、身体がしんどいのが加速されるならそれは、治療の意味を失う。仕事を辞めたり減らすことは、治療代も厳しくなるけど、保険の利く治療でできる限り、野菜ジュースや自然や身体の免疫力も併用して、身体を休めて休職やパートにする等。誰も、人生の長さはわからないですもんね。でも、病になると命が有限であることを考えるって、今まで考えてなかったけどって肝臓がんになった友人が言ってました。

本当に悩みますよね。(-_-;) でも、動けること。身体がしんどくなる時間が少ないことは、楽しく生きれることに大きく影響するような気がします。

抗がん剤の種類や効き目、体質、投与期間や病状にもよると思いますが、一般的に自分の遺伝子と結びつきの相性が良ければ効き目もあるとききますが人それぞれのようですし、身体中がダメージを受けてしまうので復活までも弱ってしまう。
フルタイムでずっと仕事を続けていくのはとても厳しいですよね(>_<)。

本当に軽々しく私が言えないけど、もしも、もしも私が同じ立場だったらと考えました。
難しい選択ですが、やっぱり身体が少しでも元気でいれるから日常が過ごせるとして。


この春に3番目のお子さんが小学校へ入学しますよね。
もう少ししたら、また生活の変化もあるかと思います。

身体がもう休ませてと言った時にのぴりぃさんが後悔しない決断をしたらいいかもしれませんね。
その時に考えて、お勤め先やご主人などにご相談されてもいい時かもしれませんよね。

今のお仕事がフルタイムなので、治療費のこともあるし、お勤め先に相談等で、できることならパート週3日や4日などすべてお仕事を辞めるのではなく、できる範囲で体を休ませ、日常を子供達や他のことにつかったり、しんどいのが少し良くなっていけば、仕事を辞めても本来は、活動的なのぴりぃさんだから、がんで悩んでいる方に今までの経験を語ることや、そのほかの道や生きがいもを見つけるかも知れませんね。

今、ある時間を有意義に何か良い案で進む未来でありますように。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。