にゃんころりんのすっとんとん♪

猫バカにゃんころりんの にゃんこ的日常 にゃんこ的幸せ

国立西洋美術館内のレストラン「カフェすいれん」

2017年06月22日 | にゃんこ的生活



 
JR上野駅構内のショップ。パンダグッズがあふれています。
上野動物園では、待望の赤ちゃんパンダが生まれましたね。





 
とはいえ、公園口出口は大雨で・・・。
修学旅行の学生さんたちもたくさんいたけど、気の毒でした。

年に一回あるかないかくらいというくらい、私も東京にはご無沙汰なのですが
久しぶりに、上野でランチの約束をしたものですから。
すごく楽しみにしてたのですが、
梅雨と言ってもカラ梅雨かと思うほどの毎日の中で、
よりによって、ピンポイントで大荒れの天気だった・・・

ランチの約束は、国立西洋美術館内のカフェすいれん。
幸い、雨でも駅から近く、とても楽しいひとときでした。
美術館のチケットなしでも、レストランは無料で入れるのですよ。




   ↑
おしゃべりに夢中で、お店や料理の写真撮るの忘れてしまったので、HPより。
お手頃価格でランチセットが食べられ良かったです。





 
大きな窓の向こう、雨に煙る国立西洋美術館の庭が見える。
この建物全体が、昨年、世界文化遺産に登録されました。







--フランス人建築家、ル・コルビュジエ(1887~1965年)は近代建築の巨匠。
西洋美術館本館は日本国内唯一の作品で1959年に完成した。
らせん状の階段や1階部分を柱だけで構成する「ピロティ」などが特徴だ。
装飾を排し、機能性と合理性を融合した独自の建築理論を実践した。
21世紀に至る現代建築に多大な影響を及ぼしたことが評価された。--


・・・ということです。




おまけ


 
友人の知り合いが、布の小物をたくさん作ってらっしゃるそうで
私も、おすそ分けをいただきました。うれぴい!(死語?)





 
シックでかわいい外側、中は、はっとするような赤。
今日から、飴ちゃん入れに、活用です。 


『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テッポウユリの花が咲いた&... | トップ | あられとよすの「お八つ」です »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はは、こんな降り具合では (Cakeater)
2017-06-23 11:15:26
あのフルーツアイスバーは食べる気にはなれませんでしたね。
コルビジェの著作大全集、第1巻「輝くパリ」は、日本語訳では、全然別の著作にすり替えられているんだそうです。パリの都市計画がテーマなんですが、関東大震災後の東京復興計画のテキストになったと言われてるんですよ。薩摩長州クーデター政権にとって、闇を解明されるヒントを与えるのは嫌だったらしい。で、今の極右首相とそのカルト団体と恩恵にどっぷりつかってる官界政界経済界も、国民に知らせたくないという闇らしいです。
らしいらしいの都市伝説であるということになってますが。
Cakeaterさんへ (にゃんころりん)
2017-06-23 16:51:59
それまでは、30分早めに行って是非・・と思っていたのですが、吹き降りの雨で、アイスの天気じゃなかったですね。残念です。

>コルビジェの著作大全集、第1巻「輝くパリ」は、日本語訳では、全然別の著作にすり替えられているんだそうです。
>らしいらしいの都市伝説であるということになってます

にゃるほど。「明治維新という過ち」っていう本が家にありますよ。
ちゃんと読んでないけど、読んでみようかな。
極右総理になって「明治日本の産業革命遺産」とかいうのも、ありましたよね。
どさくさに紛れて松下村塾まで、ねじ込まれてました。
昨日の埼玉4区の女性議員さんのヒステリックな声がニュースを賑わし、闇が姿を表してきた感じ?
上野 (souu)
2017-06-24 19:12:14
ハハㇵ 上野はパンダ一色ですね。
 
それにしても梅雨らしくなりましたね。
こちらもこれから降るのでしょう、曇り空に蒸し暑さ。
これぞ梅雨という空模様です。
souuさんへ (にゃんころりん)
2017-06-24 22:28:13
晴れていれば、公園の動物園側ももう少し歩けたのに、残念です。
やっと生まれた赤ちゃんなので、一般公開時には、もっとパンダ色になりそうですよ(笑)
パンダによって、人はなぜかとても癒やされるのだと思います。
パンダは平和の使者かもです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL