晴れたらいいね♡

温泉が好き。山に登った後の温泉は、もっと好き。食べることも、だぁ~い好き。

励まされて

2017-10-18 22:36:10 | 日記
10月 17日 (火)

母の付き添いをした夜、

soraさんをはじめ、M ayさん、ひよりさん、そして、ひよりさんの読者さんpoohさんからも温かいコメントをいただきましたm(_ _)m

この時、(ああ、ブログって こういった形でも私を支えてくれるのだ)と、再認識しました。

私のブログには、山やツーリングや温泉などの楽しい事だけ綴っていこうと思っていました。(おっと、ツーリングは楽しくないゾ)

母に関わる事は、気が滅入る事ばかりなので、意識して綴らずにいました。

でも、つい弱音をはいた あの夜、読者の方々の温かい励ましの言葉に、ほっこりしたり♡、ウルウルしたり(;_;)
本当にありがとうございました🙏



母は、帯状疱疹による食欲低下、脱水症状、腎臓機能の低下は回復し、今週から点滴もなくなりました。

ただ、食器を持つ手がおぼつかず、歩行が難しい状態です。帯状疱疹の跡の痛みも、まだ残っています。そして、認知症は進んでいます。



今夜も、私は9時まで母を起こしておかねばなりません。憎まれ口を叩かれながら、夜中に起きないように、宵のうちは起こしておきます。


そこへ、大腿骨を骨折して入院中のおじさんが来て、
[

「大変だね、頑張って。アンタが飲むんだよ。」と、オロナミンCドリンクを頂きました。




大腿骨骨折のおじさんは、リハビリ中。



広告や折り紙で、指先の訓練もしています。


折り紙おじさん、いつもありがとうございます😊



歌番組が好きなので「うたコン」を見るけれど、


さすがに、jujuは、興味なし。


藤あや子になったら、自分から車椅子をテレビの近くに動かしました。




9時に眠剤を頂いて飲ませ、9時20分頃、寝付きました。

今夜も、このセンサーマットが鳴りませんように🙏





10月 18日 (水)

朝食




完食です



ご機嫌も、まあまあ。



ジム友、キヨさんは、この本を貸してくれました。




こんな風に、いろんな人に励まされて1日1日を送っています。



え?いちばん近くにいる旦那は、何をしてくれるのかって?

夫は、こういう時、自分の生活スタイルを変えないようにプログラミングされているようです。


夕方5時5分、ハンコで押した様に夫からカエルコール📲

5時20分帰宅🏡

即、夕食 🍚

即、片付け。

6時までに病院へ行かなくてはなりません。

「食器ぐらい洗ってもらいなさいよ。」と、友達が言うので、食器を洗わずに母の所へ行き、寝かし付けて9時半過ぎに帰宅すると、案の定、食器は洗い桶の中にそのままでした。

食洗機はあるけれど、こんな時に限って故障中💧
催促してやってもらっても何にも嬉しくないから、頼みません。


ある日の夜、母の所へ行こうと立ち上がったら、「あ、薬のお水 ちょうだい。」と、言われた時は、右ストレートで殴ってやろうかと思いました👊


でも、世間には、自分の親の介護ばかりしていると文句を言う旦那さんもいるようで。


ウチのオットトな夫は、毎晩 「いってらっしゃい」と、気持ちよく送り出してくれます。
そして、帰宅すると「今日は、どうだった?」と、母の様子を聞いてくれます。
これで良しとしています。

🏥 おしまい 🏥

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 憂と優 | トップ | ごめんね お母さん »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ウルウルしました (May)
2017-10-19 08:56:00
1日の大変さが伝わって来ました。
時間で動くって、追いかけられているようで
何倍も疲れますよね。

「うーーん、このダンナさんはなんだ」と私も蹴りそうになりましたが・・・(笑)

最後の「いってらっしゃい」「どうだった?」のところでウルウルっときました。
ダンナさんなりの気遣い方を表現してます。

きっと気遣いがグレードアップしますよ。
そんな予感です。
こんにちは (pooh)
2017-10-19 12:13:54
お母様、回復に向かってきるようでホットしました。
ご飯も完食なさってすごい!
母は入院してから禁食だったので。。。

センサーマットの横にあった靴。
母が履いていたものと同じようで母を思い出しました。

病院の付添って結構疲れますよね~
そして自宅の事もあるし。

ご主人ね!
わかるわかる(笑)
少しで良いから協力してって思う気持ち。
でも、気持ちよく出してくれて感謝です。

今週末、母の事で姉妹が我が家に集まります。
やはり親がいなくなると疎遠になりますね~
法事以外で集まることはこれが最後かな。。。
母の事で忙しくしていた時が懐かしいです。

寒いので体調を崩されないようにヽ(^o^)丿
お疲れさまです!! (ひより)
2017-10-19 12:58:32
自分のこととダブりました。

帯状疱疹はかなり痛いそうなので、本当にお辛いと思います。伯父が帯状疱疹にかかった時、何をやっても痛みが取れない、どこか良い病院探してくれと電話をしてきました。それ程辛かったようです。お母様のお気持ちを考えると、とても辛いです。

お母様のベッド周り、亡き母がモルヒネの副作用で人格が変わり、夜中にベッドから降りてしまうようになったときのマットと同じ…。
あれが鳴ると、看護師さんから呼ばれたりするんですよね。ほんと、気が休まりませんでした。

午後9時まで病院に付き添った事、そしてご主人の事まで、何から何まで自分のこととダブりました。
私は、母が入院している時、上の階に義父も入院しておりました。そして、義父も、母と同じ年の夏、脳梗塞で亡くなりました。
2人の病室を行き来した思い出。

父の時は、山の中の病院へ通いましたね。
最後は老人病院のようなリハビリ病院でしたから、遠いので通うのが億劫!っていつも思っておりました。
寝たきりの父の気持ちはわかっているけれど、自分の体力の限界も感じましたね。

でも、看病に通う皆さん、どなたもとても大変そうでした。病院にはいろいろな人生模様がありますよね。
自分だけが辛いのではないんだと、励まされた気がしていました。
なにより、ブロ友さんからの応援メッセージは心強かったです。

あっ、
うちの旦那も午後5時20分に帰ってきます。
遅くても5時半!なんという偶然でしょうか。

そして私も、旦那や子供たちにご飯を準備してから、夜も母の病院へ行っておりました。慣れるまで大変でしたが、私の場合、期間が決められていた(余命宣告あり)ので、junさんの大変さとは比べ物にならないですが。

病院で出会ったおじさま、優しい方ですね。
そういった出会いからも励まされますよね。
みんな頑張っているのだから自分も頑張ろう!って。

junさん、いつも応援しています!

お母様が早く良くなられる事をお祈りしております。
お大事になさって下さいね。
M ayさん、蹴ってやって下さい (jun)
2017-10-19 14:56:33
こんにちは。
今日から、また雨の寒い日が続きますね。昨日は、晴れてくれて母の洗濯物もよく乾き、お天気が良いだけで、なんかほっとします。

〉時間で動くって、追いかけられているよう〜
そうなんです。夕食介助から、寝かし付けるまでの時間が、とても長く感じて、夕方になると憂鬱になります。

〉私も蹴りそうになりましたが〜
でしょう?殴る代わりに、はぁ〜と、ため息をついてやりましたよ。夫も、あ! と、気付いた様でした。

〉ダンナさんなりの気遣い方を表現してます〜
言わなきゃ分からないタイプの、残念な夫です。
(私は、お義父さんが胃がんで入院した時、日曜日は付き添ったわョ!お義母さんの送り迎えだって毎朝毎晩したじゃない!)と、喉まで出かかっていましたがやめました。夫婦を長くやっていると諦めることの方が多くなりますね(笑)

〉きっと気遣いがグレードアップしますよ。
ありがとうございます。私は、毎日 母と向き合って成長している様な気がします。夫にも成長して欲しいです。
poohさん、こんにちは (jun)
2017-10-19 15:13:25
お母さん、禁食だったのですか。症状が重かったのですね。気の抜けない看護だったことでしょう。母は、食欲が出てきました。まだ、「半分食」「全粥」なのですが。入院当初に比べたら上出来です。

〉センサーマットの横にあった靴。
母が履いていたものと同じようで母を思い出しました〜
入院してから足がむくんでしまい、これで二足目の靴です。コレも合わなくなり、今日また新しい靴が届きます。百均でお花のチャームを買い、靴に縫い付けました。それだけでとても喜んでくれます。

〉ご主人ね!わかるわかる(笑)
分かって頂いて嬉しいです♡
こればっかりは、性格だから仕方ないと諦めていますが、私が疲れているのが目に入らぬかっ!と、言いたくなります。

〉母の事で忙しくしていた時が懐かしいです〜
ご苦労、ご心配の毎日でしたね。
母も帯状疱疹の症状が治れば、病院は退院しなくてはなりません。今、次の段階へ進む準備をしているのですが、母にとっては高いハードルです。でも、ケアマネさんや病院の相談員さんというプロの方に導いて頂き、今後の生活を決めていきます。

〉寒いので体調を崩されないようにヽ(^o^)丿
ありがとうございます😊体だけは丈夫なのです。
ひよりさん、こんにちは (jun)
2017-10-19 15:40:50
帯状疱疹の痛みは、湿疹が治っても続く様ですね。見た目は、治っているのですが、神経に沿って痛むようです。叔父さんも痛かったのでしょうね。帯状疱疹は年齢に関わりなく、免疫力が落ちるとかかる病気だそうで、私たちも気をつけなければいけませんね。

〉夜中にベッドから降りてしまうようになったときのマットと同じ〜
みんな同じなのですね。誤って転んで骨折でもしたら大変です。一晩中付き添いするより、寝付くまで側にいて、自宅で寝られる事が何よりの幸せです。それでも、いつ呼び出されるかと気を揉みながらベッドに入ります。

〉午後9時まで病院に付き添った事、そしてご主人の事まで、何から何まで自分のこととダブりました〜
みんな通る道なのですね。

〉看病に通う皆さん、どなたもとても大変そうでした。病院にはいろいろな人生模様がありますよね。
その通りですね。母の他にも寝付くまで付き添う人が、あと2人います。
本当に自分だけが辛いのではないんだと、励まされています。そして、こうしてブロ友さんからの応援メッセージに励まされます♡

ひよりさんの旦那さんも5時20分ですか。でも、コレ助かりますね。病院へ行くのにギリギリセーフの時間です。面白い偶然ですね。以前は仕事が忙しく7時頃の帰宅でしたが、なんせ今は景気が悪くて(笑)

〉病院で出会ったおじさま、優しい方ですね〜
今日は、折り紙おじさんから、折り紙を教えてもらうそうです。
いろんな方に励まされて幸せです。頑張れます。

ひよりさん、いつも応援して下さりありがとうございます。
ただ母は、この入院を機に、身体機能が落ち、認知症が進んでしまいロングステイへ移らなければなりません。でも、空いてないんですよねー。空いているのは、高級で利用料金が高い所か、古くて安い所です。入りたいところ所は、3ヶ月待ちです。
それでなくても不穏な母に、ロングステイの事は話していません。院長先生が話して下さるそうです。どうなる事やら・・・。こんな状態でも、自分で何でも出来ると思っている母ですので。
続きますが (Sora)
2017-10-19 16:18:17
男の私が出る幕ではないような気もしますが(笑)。
いろんな方から励ましていただいて、良かったですね。

次は認知症の施設対応ですか・・・
義母の佐久は田舎ですからなんとかなりましたが、junさんのところも都会ではないですから、探せば空きが出てくるような気がしますよ。

私も、蹴られたりパンチを食らわないように気をつけたいと思いました(^^)。
soraさん、男の人も出る幕あります (jun)
2017-10-19 17:01:01
こんにちは^ - ^ こんばんはかな?

母の他に寝付くまで毎日付き添う人が2人います。

1人は、息子さん。
1人は、お婿さん。(娘さんは更年期がひどくて寝込んでいるそうです)

私は、こんな性格なので、ついつい意地悪な事も言ってしまうのですが、この2人は、とーっても優しいのです。同居しているので介護に慣れているのでしょうが見習う事ばかりです。

〉探せば空きが〜
どこでもいいというわけにいかないので、いくつか空きがあるにはあるので、見学に行きました。

姥捨山に捨てるのか?と、自問自答の毎日。
決断の時です。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事