アートな旅

日々の生活の中で出来るだけアートに触れられた場面を記事にしてゆきたいと思います。

冨貴寄(ふきよせ)

2017-02-09 10:06:18 | 四季折々

天気予報の通り、夜中にほんの少し雪がちらつたのでしょう。

隣の屋根にうっすら雪。でもすぐに雨で溶けてしまいました。

満開の山茶花と雨のしづく。


友人から頂いたお菓子は「冨貴寄」(ふきよせ)

銀座の江戸和菓子のお店「菊廼舎」(きくのや)

の看板菓子です。

母が大好きでしたので、よく銀座コアビルのお店に
買いに行ったものです。本当に嬉しかった。

今回のものは「開運ひのえ缶」で酉年にちなんだおめでたい
お菓子がいっぱい詰まっています。母を思い出して 
少しずつかみしめていただきましょう。 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 庭に少しの彩 | トップ | Valentine's Day »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しい~ (cyaz)
2017-02-09 11:20:09
サッチーさん、こんにちは^^

こちらは雨も雪もまだみたいです。
「冨貴寄」、入れ物も中味もキレイですね!
見ているだけで楽しくなります。
ピンクの鯛は落雁ですか?
コンペイトウまで入っていて、美味しそうです^^
Unknown (とうさん)
2017-02-09 22:50:19
今朝起きたら一面真っ白。夜になってまた雪に変わったようです。今年の冬は寒かったり暖かかったり気候の変化が大きいです。
菊廼舎の冨貴寄でしかも「開運ひのえ缶」とは如何にも
お目出度い名前ですね。十分楽しんでください。
美しいお菓子 (徳さん)
2017-02-10 08:43:38
もはや芸術ですね。色合いもいいですね。おめでた尽くしのお菓子ですね。日本人の繊細さが感じられますね。見てよし食べてよし十分楽しんでください。
cyazさんコメント有難うございます(^^♪。 (サッチー)
2017-02-10 09:44:04
母の好きだったお菓子で何年ぶりに見て驚きました。
母はビスケットやこのようなお菓子が好きでした
神戸育ちのせいですね。
金平糖やピンクの鯛のような落雁・おせんべいなど
が入っていて色々な模様を見て味わって美味しく食べます。
cyazさんの大好きなケーキがいつも美味しそうでよだれが出てます(*^^*)
とうさん、コメント有難うございます(^^♪ (サッチー)
2017-02-10 09:48:51
とうさん、いつも有難うございます。
雪は殆ど降りませんでしたが風が冷たく寒かった
(-_-メ)
雪国の人たちにはそんな事言ってられないですね。
このお菓子は本当に嬉しくて懐かしさで思わず
UPしてしまいました。
母はよく「缶を抱いて楽しんで食べた」と言ってましたよ。季節ごとに内容もかわりますので又いつか
銀座コアビルへ立ち寄ってみましょう
徳さん、コメント有難うございます(^^♪ (サッチー)
2017-02-10 09:53:02
和菓子は確かに芸術品ですね。
生の和菓子も季節感を出していますね。
この冨貴寄も色々な種類で楽しむ事が出来ます。
音楽も、絵画も建築も芸術性が重要ですね。
そんな感性を持ち続けたいですね

コメントを投稿

四季折々」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL