アートな旅

日々の生活の中で出来るだけアートに触れられた場面を記事にしてゆきたいと思います。

もじずり(捩花)

2017-07-11 10:25:18 | フローラ

捩花と書いてねじばなと読み、通称「もじずり」という花が一本咲きました。

野原に咲く花ですが、我が家の鉢にたった一本、でも存在感があります。

「みちのくの しのぶもじずり 誰ゆえに

乱れそめにし 我ならなくに」と詠まれています。

信夫(しのぶ)は現在の福島県。

都から離れた場所で詠まれた思いが現代でも通じます。

健気な一本の「もじずり」の花が爽やかです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猛暑の庭はピンク色 | トップ | 富山のお土産 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とうさん)
2017-07-11 22:40:03
時々見かけますね、この花。「もじずり」というのですか。
誰のためにか、心が乱れて・・・とはロマンチックな歌が詠まれたものですね。この花大事にしてください。
とうさん、コメント有難うございます(^^♪ (サッチー)
2017-07-12 09:39:07
昔の人は花を見て、心の動きがよく表れる歌を詠みましたね。
何となくジーンときます。
たった一本の「もじすり」に花がとてもいとおしい感じです。
大事にしたいですね。
もじすり (徳さん)
2017-07-12 16:27:40
なかなか奥ゆかしい名前ですね。歌にも読まれているのですね。珍しい花ですね。
徳さん、コメント有難うございます(^^♪ (サッチー)
2017-07-13 09:20:33
現代の花にしては、ひっそりと奥ゆかしく咲いているモジズリの花。
きっと雑草の中では見失うかもしれませんね。
たった一本のモジズリの花が心ときめかせてくれました($・・)/~~~

コメントを投稿

フローラ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL