アートな旅

日々の生活の中で出来るだけアートに触れられた場面を記事にしてゆきたいと思います。

川村記念美術館 ヤマユリ

2017-07-18 10:35:24 | アートな旅

旧 大日本インキ(DIC)が1908年に創業してから100年以上の年月が経ちました。

1990年に開館したDIC川村記念美術館は千葉県佐倉市にあります。

コレクションはレンブラントの肖像画・モネやルノワールの印象派から

近代美術など幅広いジャンルの作品を収蔵しています。そこには研究所があって

広い敷地内には散策路を設けて、四季折々の自然散策が出来ます。大好きな場所。

赤い椅子の隣が美術館

広い芝生と池が素晴らしい。

今回のお目当ては「ヤマユリ」

鬱蒼とした森の中で所々に百合の花が咲き、香りを漂よわせています

太陽に向かっているのかな?

細い茎の先に真っ白い花が折れないように頑張っています。

 

 

 


 

 

自然の営みがよく分ります。

会社のポリシーとして「暮らしに彩と快適」を提案しています。

その通りですね。散策路からは彩と快適さをたっぷり頂きました。

帰る頃、美術館専用のバスに出会いました。

JR佐倉駅から美術館へのバスです💛



ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富山のお土産 | トップ | 川村記念美術館 ハス池 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とうさん)
2017-07-18 22:24:30
「暮らしに彩と快適」ですか。
この山百合を見ていると「生きる者の力ー生命力」を感じますね。自分の身も顧みず日光に向かって伸びるさまは健気です。
DICはここで何を研究しているのでしょうか?
川村美術館 (徳さん)
2017-07-18 22:59:59
家内の実家が佐倉なので美術館へはよく行きます。デモあまりまわりの散策はしていないので新鮮に拝見しました。山百合はあまり最近は見かけませんね。
とうさん、コメント有難うございます(^^♪ (サッチー)
2017-07-19 09:23:46
この会社は、印刷インキの製造と販売です。昔は大日本インキ化学工業と言いました。現在流行りの「レスポンシブル・ケア」の精神に沿って「持続可能」な開発の製品を提供し、社会の発展に貢献できる研究を行っています。現在63の国と地域で174のグループ会社と共に暮らしの中で「彩」と「快適」を提案しています。
この庭園の中に研究所があって、研究員の格好の癒しとストレス解消のための庭園です。少し不便な場所ですが佐倉駅からのバスが運行してます。
ヤマユリの健気な姿と香りに魅せられています。
徳さん、コメント有難うございます(^^♪ (サッチー)
2017-07-19 09:28:45
奥様の実家が佐倉なのですね。
佐倉の武家屋敷や国立歴史博物館などよく行きました。
美術館はこちらから行くと51号線からすぐなのですが、JRですとちょっと不便ですね。でも森の中の素晴らしい環境でい四季折々の風景に出会い、好きな美術館でのひと時は大好きです。
散策路は人気で素晴らしいですよ。
散策路だけ利用は200円で散策出来ます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL