アートな旅

日々の生活の中で出来るだけアートに触れられた場面を記事にしてゆきたいと思います。

九品仏(九品山唯在念仏院浄眞寺)

2017-03-06 16:15:51 | アートな旅

主人が入社の頃通っていた中央研究所のあった「大井町」

その大井町から東急大井町線に乗って「九品仏」という駅で

降りたら目の前にそのお寺はあります。

冬枯れの中でも松の木のお出迎え。

参道を歩くと

 

 

あちこちにお地蔵様

立派な門を潜ります。

 

仁王様(寺を守っています)

鐘楼の側の河津さくらは散りかけて。

目的の九品仏(九品仏)を拝見 

九品(くほん)とは浄土宗の経典から極楽に往生を願う人の
性質や行為によって九種に分けられた往生人の階級に
ついて説明です。

上品(じょうほん)中品(ちゅうほん)下品(げほん)

これらの佛様が祀られています。

初めて拝見した青い頭髪

佛様には三十二相八十種あると言います

髪の毛が真珠のように青いとする髪色好如青珠。

中央と左

中央と右

 

手の形が違います


本堂には立派な佛様、釈迦牟尼如来が安置されています


 

力強く見守っていらっしゃいます。

開山は江戸時代初期の高僧「珂碩(かせき)上人」
四代将軍徳川家綱公(1678年)から奥沢城址であった
この地を賜り、浄土宗所依の経典である「観無量寿経」により
この寺が創建されました。 
3年に一度の来迎会(おめんかぶり)の行事は
無形文化財に指定されています。

久しぶりの大井町からの旅は興味深く素敵な旅になりました。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨上がり | トップ | 真冬並みの朝に »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵なお寺 (徳さん)
2017-03-07 07:39:22
大井町での「小さな素敵なたび」でしたね。九品佛神々しいですね。歴史ある由緒あるお寺ですね。
徳さん、コメント有難うございます(^^♪ (サッチー)
2017-03-07 09:17:40
大井町方面はあまり行きませんが、思い切って
行きました。
主人は大井町からの車窓の変わりように驚いて
いました。
九品仏の偉大なお寺とユニークな仏教の奥深さを
知ることが出来ました。
この敷地には桜のころ紅葉の頃の美しい庭園も
素晴らしいようです。
確かに小さな素敵旅でした(#^^#)
Unknown (hiroko-sizu4)
2017-03-07 09:37:31
おはようございます。
思い出のところに旦那様と二人で微笑ましいですね。
写真も綺麗ですね。心が癒されます。
私は、フラ、フラで毎日気が休めません。
でも、今月の半ばに埼玉の孫娘の大学卒業式に袴姿を見に行きます、今から、楽しみです。
サッチーさんのような、カメラを持っていないので
時々ブレてしまいますが、スマホだから仕方がありませんね。
hiroko-sizu4さん、コメント有難う♪ (サッチー)
2017-03-07 10:24:31
hirokoさん、フラの練習で大変ですが、それが出来る
ことは本当に素晴らしいですね。体力も気力も養われます。
お孫さんの立派な卒業式の晴れ姿は本当に楽しみですね。きっとお母さんより涙が多いかな?
お孫さんはいつも広島のお土産も買ってきて下さったり、立派な会社への就職も決まってすべたが満点ですね。本当におめでとうございます!
フラの練習でお疲れにならないようにね💗💗
Unknown (とうさん)
2017-03-07 22:43:42
九品仏のいわれはそういうことですか。
青い頭髪とは珍しいですね。仏教の世界は奥深く
興味しんしんですね。
サッチーさんはいろいろなお寺を訪ねて仏教や歴史を勉強されますね。
とうさん、コメント有難うございます(^^♪ (サッチー)
2017-03-08 09:20:53
九品仏のあるお寺浄眞寺には以前か行ってみたい
と思っていました。
隣の自由が丘や二子玉川には行きましたが、九品仏
という駅には初めてでした。
主人は久しぶりの大井町線の周りの変わりように
驚いていました。殆どがマンション、都内の人口が増えて待機児童や保育園が足りないなどの問題は当たり前だ。と感じていました。
仏教の歴史や日本の歴史は奥深く勉強しても
足りませんね。
今、塩野七生氏の「ローマの街角から」を読んでいますがイタリア・ローマの歴史と人間性などはもっと奥深いものがありますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL