株式会社グリーンアシスト  植彩 ~植物で彩る~

仙台の株式会社グリーンアシストです。
植物に携わる仕事を通して日々感じた事をそのまま書いてみたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

以前はさかんに植えられた樹木

2017-04-11 | 植物あれこれ
桜の開花宣言が出された仙台。
仙台にも桜のの名所や名木がたくさんあります。
次回あたりいくつかをご紹介出来ればと思います。


3月に取引先の不動産会社から、アパートの敷地に植えてあるカイヅカイブキの生垣の伐採のご依頼をいただきました。
あまり剪定等の手入れをしていないようで枝葉がだいぶ混み合っていました。


伐採後


カイヅカイブキはコニファーという針葉樹の総称が言われるようになる前から、
洋風な雰囲気の樹木としてさかんに植栽されていました。

■カイヅカイブキ
 ヒノキ科ビャクシン属
 ○枝は螺旋状に成長する
 ○大気汚染 乾燥 塩害に強い
 ○痩せ地でも育つ
 ○強い剪定をすると先祖帰りをお越し杉の葉のような固いちくちくした葉が茂る
 ○赤星病を誘発する(赤星病の寄生になる)
  病原菌は冬の間ビャクシン類の枝葉で過ごし春になるとナシに寄生する
  カイヅカイブキなどのビャクシン類はナシに寄生するための中間宿主となるため
  ナシの産地ではビャクシン類を植えることを条例で禁止ている市町村もある

    
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桜の装飾 | トップ | 大年寺周辺の桜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

植物あれこれ」カテゴリの最新記事