株式会社グリーンアシスト  植彩 ~植物で彩る~

仙台の株式会社グリーンアシストです。
植物に携わる仕事を通して日々感じた事をそのまま書いてみたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

弥治郎こけし

2017-03-30 | 仙台あれこれ
3月もあと少しで終わり!
冬に戻ったような寒さの日もあり、はたまたポカポカと暖かい陽気の日もあり…

今月中旬に仕事で使う桜の大枝を伐らせてもらうため白石の弥治郎へ行ってきました。
白石の弥治郎と言えばこけしの里として有名な所です。

ここでこけし工人として長年弥治郎こけしを製作されている英雄先生!(佐藤英雄氏)
以前からいろいろとお世話になっています。


前日(3/14)に降った雪で蔵王の三住あたりは結構な積雪がありました。






先生の工房に伺うと5月に開催される全日本こけしコンクールに出品する作品作りの真っ最中でした!
■第59回全日本こけしコンクール 
 日時:5月3日(水)~5日(金)
 会場:白石市文化体育活動センター(ホワイトキューブ)








こけしの頭に使う木は椿の木を5年かけて乾燥させてものを使用しているそうです。
見ていると気持ちいいくらい木がきれいに削れていきますが、微妙な力加減は熟練の技!
年月が経つほどにいい色合いい変化していくこけし。
我が家にも30年近く前に英雄先生に作ったもらったこけしがありますが、いい色に変わりとても味わいがあります。

一つ一つがすべて手作りのこけし。
オンリーワンのこけしを探しに弥治郎こけし村へ足を運ばれてはいかがですか。








弥治郎こけし村 ※白石市ホームページより


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 由緒ある梅の木 | トップ | 桜の装飾 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。