ななえさんの花まる休暇~自己中レシピを添えて~

~突然仕事を早期退職し、パート勤め主婦になりました。いつでもあたふた生活しています~

ジャズの世代?

2016-11-12 03:47:43 | Weblog
おとといは、仕事で

ジャズのコンサートへ・・

本格的なコンサートというより

ジャズを分かりやすく説明しながら

演奏するという内容

2時間以上のコンサートでしたが

思ったより楽しく

ちょっとお得なお仕事でした


コンサート開始の冒頭で

ワタクシと同じくらいのおじさんが

ご挨拶を・・

「我々の世代は、誰でもジャズに親しみ・・
 私も高校時代からジャズを聴き、スイングジャーナルを読み・・」だと

ワタクシの世代は、ジャズを普通に聞いてた世代???

確かに、思い出してみれば

「スイングジャーナル」ってあったわ

「ジャズ喫茶」もあったわ

ただ、ワタクシにとってジャズは

普通に聴く音楽ではなく

「あこがれ」の音楽だったな


「ジャズ喫茶」に入って

一言もしゃべらず

コーヒー飲みながら

黙々音楽に浸る・・


確かにそんな姿に超憧れた記憶がある


ただ現実的に

喫茶店に入って

ほとんどしゃべらず

音楽聴きながら

コーヒーを飲むなんて

ムリムリムリ(笑)


その当時、有名なジャズ喫茶と言えば

仙台にある「カウント」

今でもあるのかな?

岩手一ノ関にある、「ベイシー」

今はもうない?

岩手高田にある「ジョニー」

今はもうない?

ワタクシには、これくらいしかわからないケド

もっとあるかも・・


それぞれ

何度か行ったことはあるけれど

もちろん行けば行ったで

楽しいのですが


やっぱ、喫茶店に入ると

にぎやかにしゃべりたいから

しょっちゅう行きたいとは思わなかったわん(笑)


あっ、それから

ジャズ喫茶で忘れていけないのは

京都の河原町にあった

伝説の喫茶店

「シアンクレール」
   *前にも書いているはず・・

1階はクラッシック喫茶になっていて

2階がジャズ喫茶になっている
 

今はもうないけれど

30年以上も前に

2回ほど行っている

もちろん

1回目は、2階のジャズ喫茶に・・

2回目は、1階のクラッシック喫茶に・・

雰囲気は、とても静かで知的で・・

もう一度行きたかったな


仕事でやむを得なく行った

ジャズコンサート

冒頭のおじさんの一言で

若きし頃を思い出すはめになり・・(笑)

いろんな意味で

とても気持ちが豊かになった1日でした

やはり、心を豊かにしてくれるものにふれるって

重要~


ジャズの後で申し訳ありませんが(笑)

お粗末料理

いかにんじん、かに玉、豚肉のサムジャン炒め
ニンニクの芽&ベーコン炒め
さつまいもの天ぷら(天ぷら失敗)


白菜の帆立あんかけ、肉じゃが
竹の子の甘辛いため、ドライカレー風
なす田楽、鮭、スクランブルエッグ


今日は、土曜日ですが出張です

イベントに参加します

では、楽しい休日を・・

またね













『手作り料理』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 退職後の現実 | トップ | 楽しい産業フェア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。