糸井ひろしの気まぐれ日記

日本共産党群馬県西毛地区副委員長の日々のあれこれ

お久しぶりです

2017-06-02 | 雑想

 何気なくこのブログを開いてみると、2年近く放置状態でした。まあ、2年前の11月半ばから体調を崩して休職してました(今も休職中)ので、当然といえば当然ですが、この間、いろんなことがありました。

 私自身の休職もさることながら、母がすい臓がんで逝きましたし、私の状態がよくない頃にカミさんも腰を痛めて入院するとか、上の娘も休職になるとか。

 今も休職中の身ではありますが、だいぶ回復し、時々みなさんの前に顔を出すこともできるようになりました。これまでご心配やご迷惑をおかけしたみなさんに心からお詫び申し上げるとともに、我慢強く私の回復を見守ってくださっているみなさんに感謝申し上げます。

 このブログを改めて更新しようと思える程度には回復しておりますし、自己判断ですが、完全復帰も近いと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

 さて、休職中ではあるものの、今の情勢を見ていると黙っていられなくなり、このブログでちょっと発散しようとw。他でもない、安倍政権への怒りですよ。

 自民党といい公明党といい、政権与党の民主主義や国民主権への認識のなさ、あまりに程度が低いと言わざるを得ません。安保法制、特定秘密保護法、そして共謀罪。どれも現行憲法と相容れない、違憲立法ではありませんか。集団的自衛権の是非をめぐる議論では「合憲」と強弁していた安倍さんですが、やっぱり整合性をもつために、「憲法9条に自衛隊を明記する」などと言い出す始末。しかもオリンピックと結びつけて政治を転がそうだなんて、不純甚だしい。

 

 主権者である国民の声には全く耳を貸さず、国会での論議もデタラメです。だいたい、「これ以上の議論は無駄」とか言っている人たちの姿勢が、議論のなんたるかをわかっていないとしか思えません。

 国連のケナタッチ特別報告者の質問に対してまともな回答もなしに国連に抗議したことや、前復興相の記者に対する「出て行け」発言などが、そのことを顕著に現していると思います。

 

 自分の主張を理解して支持してもらうためには、質問や疑問に対する誠実な回答は必要不可欠。人によって考えが違うのは当たり前ですから、相手に理解を求めるために説明するのは当たり前の話であり、それが民主主義の基本中の基本でしょ。

 「多数決だから民主主義」というのは、認識が間違ってます。安倍政権のやっているのは「数の暴力」。多数決は、意見の違うもの同士が討論を重ねた上で、一つの解決方法として存在するもの。少数意見もきちんと議論に反映させ、より良い結果を導き出す努力が、民主主義には必要なんです。

 法案を「違憲ではない」とするなら、その根拠を示し、説明するのは、安倍政権の責任です。「説明したけどわかってもらえない」というのは、説明が下手なのか、不十分なのか、どこかが間違っているかのどれかでしょう。それに安倍政権は質問にまともに答えていません。

 第一、数だけでいうなら、「今国会での共謀罪の成立はすべきでない」という国民の声の方が圧倒的です。これを無視して強行するのは、民主主義、国民主権の精神に反する行為ですよね。

 

 共謀罪の中身もさることながら、これを強行しようとする安倍政権の姿勢も民主主義とは無縁のやり方。うわべだけなぞっているつもりでも、国民の方が民主主義のなんたるかをわかっています。

 民主主義を形骸化して自分の都合の良いように日本を作り変えようとする安倍政権の暴走を、私はこれ以上許せません。「言っても無駄」は、安倍政権と同じ。諦めて、あるいは呆れて黙ってしまうのは、それこそ安倍政権の思うツボです。今、多数の国民が諦めずに声をあげる時ですよ。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旅自転車は嵐とともに | トップ | やったぜ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL