10mo4han*

ともよはん*

振り返ってみるの巻

2017-12-30 | ブログ
今年はどんな年だったかと
振り返ってみようと思うけれど
ほぼ忘れていますよ。
こんにちは。


近い所から振り返ってみましょうかね…


⚫やっとこさコンタクトを遠近両用にした。

もっと早くに遠近両用にしとけば良かったな~と
思うくらい快適なのです。
老眼コンタクトレンズではありません。
遠近両用コンタクトレンズです(笑)




⚫旦那のお弁当を作らなくなった。

毎朝、旦那と高校生の次男のお弁当を作るために
5時過ぎには起きていた。
そんなに早く起きなくてもお弁当は間に合う。
でも、早く台所を使わないと義父義母が起きてくる。
出来るだけ義父義母と朝から顔を合わせたくないので
私は早く起きてお弁当を作っていたのだけれど、
それがわりとストレスになってきていて、
ある時、ふと思った。
次男も就職したら長男と同じくお昼は自分で何とかする。
私はいつも自分で何とかしている。
旦那のお弁当はいつまで作り続けなければ
いけないのだろうか…
定年までか?定年まで私は旦那の弁当を作るのか?
子供には自立しろとか言いながら
旦那の弁当は定年まで作るて…どうなん?
そう思った朝に旦那に話をした。
そしたらアッサリと、
思いのほかアッサリと、
「明日から自分で作るわ。
今までお弁当作ってくれてありがとう!」と
そういうことになりました。
弁当作りから解放されたと同時に
少し心に残る罪悪感は何だろうか…
そう思ったけれど、
そんな気持ちも次の朝には消えてました(笑)
三男坊が高校生になるまでは
オカンは毎朝の弁当作りから解放です♪



⚫独り暮らしの友人の家へ泊まりに行き、
別に対面キッチンじゃなくても良くねぇ?
ってか、独り暮らし良くねぇ?と感じた。


確か去年の暮れあたりから今年にかけて
「終の住処」について考えていたんだけれど、
何故、私は家とか対面キッチンが欲しいのかと
そこのところから考え直してみたら
家族とゆっくり過ごしたいからなんだなと。
ゆっくり過ごせる空間で家族がくつろいでいて、
そこでその姿を見ながら、
対面キッチンから見ながら、
私は美味しい料理を作りたい!
そもそもの理想はそれだなと。
でも、どうだろう。
子供達は成長してきて、
それぞれがそれぞれのしたい事をしているし、
昼夕のご飯時に全員揃うことも
段々と少なくなってきている。
私も仕事で家にいない日もあるから
時短で出来るいつも似たような料理しか
ほとんど作れていない。
そんな私に対面キッチンなど必要だろうか?
旦那の弁当も面倒いと感じてた私に
対面どころか…キッチンなど必要かな?と。
そんなことを思っていると
「豊かさ」って何だろうか?とそんなことまで
考えるようになってきて、
その時その時で必要な物がそこにあれば
それで良いのではなかろうか?
その時そこに有って良かった♪
その時そこに居てくれてありがとう♪
それを感じて生きて行ければ
それが「豊かさ」なのではないかな?
何もかも所有することが良いとも限らないなと。




⚫家族が増えた。

サビ猫の小豆ちゃんが我が家に来てくれた。
このことは本当にトントンと決まったなと。
まさか、今、猫ちゃんと暮らしているなんて
年の初めには想像もしてなかったもんね。
猫ちゃん飼いたい夢がこんなトントンと
叶うなんて想像もしてなかったもんね。
この1件で
「願っても願っても叶わない時は
まだその時では無いのかもしれないな。
その時期が来たら自然と叶うものなのかも。」
そう思うようになって、
細かいことを考えてても起きることは起きるから
起きてから考えても何とかなるな~と
小豆ちゃんに「どんと来い!」な気持ちを
もらえたような気がするなと。



⚫何年経っても許せないことは許せないこと。

義父義母と私との関係性だ。
もう修復は不可能だ。
「そんなことではダメだよ。」
「旦那さんのご両親だよ。」
そう言う人もいるけれど、
「そんなもんだよ。義理両親なんて。」
「所詮、他人だからね。」
そう言う人もいる。
どんな人にどんな言葉をかけてもらっても
それはその人の意見であり、
その人の気持ちだ。
その人がそれで良いと思う方で私は良いと思うし、
私の意見や気持ちと違う人に
共感を求めたり、
私と同じになる様に説得するつもりもない。
ただ…
全く義理両親と同居経験もない人から
あーだこーだ簡単に意見されるのは
正直、むかっ腹立つ。
ってか、私、アナタに相談しました?
してないですよね?と思ってしまう。
「そんなことしてたら
自分も息子の嫁に同じことされるよ」的なこと
言うてくる人もいるけれど
息子が結婚するかどうかも分からんし、
その前に義父義母が私にしてきたことを棚に上げて
何故、今の私の態度だけを見て説教するのかと。
義父義母がしてきたことが返ってるんちゃうの?と。
そんなこととやかく人に説教する前に
アナタ自身はどうなの?と。
「これは私の中の問題で、
そんな簡単には許せないこと。
徳を積んだお坊さんを連れて来て
説教してもらっても気持ちが変わるかどうか
ってくらいのところまできてるけど。」
なんてことを言うと黙るけれどね。
たぶん、人にとやかく言うてるその人も
そういう問題を心の中で抱えてるのかもしれんね。
ええやん別に。
許せへんことは許せへんままでも。
義父義母と分かり合えないことを
私自身、悩んでないねんし(笑)



そんなことを振り返った2017年。




来年はどんな年になるかな?
考えたって起きることは起きるから
もう、どんと来い!
その時々で考えるからさ(ง •̀_•́)ง






オカン:「新年になったらこれあげるわな♪」









小豆:「なんだ、今じゃないのか。」

コメント (2)

とりあえず

2017-12-29 | ブログ
そろそろお正月の準備…といっても
おせち料理は注文した物で、
お雑煮は適当に作るだけなんだけど、
久々に餡子炊こうと思って





夜中に炊いた。

夜中に炊きもの作ってると
子供頃の大晦日を思い出す。

オカンが台所に立ちおせちの準備をしていて、
私達は紅白を観ていた。

オカンもゆっくりしたら良いのに…
そう思うこともあったけれど
オカンにとっておせちやお雑煮の準備が
最優先だったのだ。

昔は三が日が終わるまで
お店が開かなかったから
日持ちのする料理は沢山作らないと
いけなかったんだろうね。

今は年中無休のお店も多いし、
便利になったといえば便利だけれど、
子供の頃の年末年始の風景とは
どんどん変わってきているから
お正月が来るんだな~っという
ワクワクした気持ちが無いなと。

そんなことを毎年言ってるけどね(笑)






つぼ押すキーホルダーを購入。

つぼ押して年末年始も踏ん張るぞと!
コメント (2)

Merry Christmas & Happy Birthday

2017-12-25 | 手作り色々
今日は次男の誕生日。


はい。
またまたアイスクリームケーキです。




混ぜもしないで
まんまレデイーボーデンのストロベリー
使うことにしました。

ウザイ苺達を作っておきます。

口の所をカットしただけやけどね。





口をカットした時の苺の細かいのを
そのままアイスクリームに挟みましたよ。




カステラで蓋して冷凍庫でねかせます。










飾り付けて完成♪



今回の家はココナッツサブレで建てました。

あ、あとプリッツも使ってます。



ホワイトチョコでくっつけてます。

飾りは無印良品の「24種のお菓子」という
とても便利でお得な
しかも可愛い詰め合わせがあったので
それを使いましたよ♪






サンタさんのチョコは別のお店で見つけました。






マシュマロを雪だるまにして
頭にラムネのせました。

手はプリッツを刺しました。











ハシゴもプリッツ。

プリッツ大活躍!













ウザイ苺は早く何か食べさせろ~って
またガヤガヤ言うてます(笑)






雪だるまちゃんが
食べられちゃう!







18歳です。

ホンマに大きくなりました。

1番小さく産まれたのに
1番大きく育ったなと。






ウザイ苺:「早くロウソクふぅ~して
何か食べさせろーーーっ!」







はいはい。
おまたせ!








雪だるまちゃん!
逃げてーーーーっ!







「ウザイ苺三兄弟(笑)」と
次男がウザイ苺を串刺しにしてた(۳˚Д˚)۳


ウザイ苺達は
やはり盛り上がる。
コメント (2)

サンタさんありがとうな~♡

2017-12-25 | ブログ
昨日はクリスマスイヴでしたね。
毎年、特に何もしませんが、
旦那が「寿司でも食べに行く?」と
言ってくれたのですよ。
回る方のお寿司ですけど
夕飯作らなくて良いし
嬉しかったですよ(^-^)

んで、これから年末まで
寒い中を仕事せなアカンから
旦那のヒートテック買ったんですよ。
セールしてたんで息子達の分もね。

「肌着買っきたで~」って渡すよりも
「クリスマスプレゼントやで~」って
言って渡す方が何か特別感あるなと思って
「オカンからのクリスマスプレゼント♪」
そう言って渡したら
旦那がとても喜んでくれて
「俺も何かプレゼントするわ~」と。

全くそんなつもりもなく普通に肌着として
買ったのに思いもよらない言葉に
私もとても嬉しくて
言い方って大事だなと思いましたよ(笑)


リュックが欲しかったので
リュックを買ってもらいましたヽ(*´∀`)ノ



んで、くら寿司も



サイドメニューにチキンがあったり、





クリスマスなデザートもあったり、





この間、マツコの知らない世界で大学芋の見てから
大学芋が食べたくなっていたんだけど
スーパー行ってもお惣菜の所に大学芋が
その時は売ってなかったので
作ろうかな…と思ってたら
くら寿司に有ったので良かったわ(笑)



フライドポテトも美味しいよな♪とか言いながら
寿司よりもサイドメニューをいっぱい食べました♪




帰りの車の中で三男坊が
「サンタさん来てくれるから
今日は早く寝やなアカンな~」と言ってるので
そうだよ、早く寝ないといけないし、
途中で起きてサンタさんの姿見たらアカンねんでと
お兄ちゃん達に言われて
「じゃあ、布団かぶって寝るわ~」と三男坊。


でも、もしも、目を覚ましてしまったり、
トイレに起きた時にサンタさんを見てしまったら
どうなってしまうの?と聞く三男坊に


「その時は目の前からサンタさんも
プレゼントも一瞬にして消えてしまうねん。」
そう兄達に言われて

三男坊:「そんなん嫌や~絶対に目を開けへん!」と。





あと、やたらと心配していたのが、
第三希望まで書いたけれど
第三希望を「おまかせ」にしてしまったこと。


「おまかせ」=「ティッシュとか」
そんなことになったらどうしょう…と。


お母さんはそれでも嬉しいわと言うてみると
「僕はそんなん嫌や!
第三希望まで書かなければよかった…
なんで『おまかせ』なんて書いてんやろ…」と
タラレバタラレバ言っている。


「そんなこと言うてももうサンタさん
フィンランドからこっちへ向かってるわ。
取り消し出来ひんで。
ってか、サンタさんのせっかくのプレゼントに
あれ嫌や、これ嫌やなんて言うたら
もう、そんな文句言う子にプレゼントあげへん!
って即帰っちゃうと思うわ。
他にティッシュとかトイレットペーパーとか
欲しい子の所へ持って行って
もう来年からは三男坊くんの所へは気悪いし
行かんとこってなると思うわ。
たぶん、第一希望か第二希望やと思うけど
何やっても文句は言うたらアカンわ。」
そうオカンが話をしたら少し黙ったけれど
小声で『どうかティッシュではありませんように… 』
と祈っていた。

そんだけティッシュ嫌や言うてたら
ホンマにティッシュ必要な時に
ティッシュが無くて泣くぞ!と思いながらも
まだまだ三男坊に嘘つくのは容易いなと(笑)




三男坊は布団を深々とかぶり寝ている。

オトンが夜なべして仕事をしている。

「そろそろプレゼント置いてくるけど、
もし、三男坊がトイレに起きたりして
プレゼントに気づいても知らんふりして
私と話を合わせてな~」と旦那に言いながら
1時過ぎに三男坊の枕元にコソーリ置いて
そのままオカンも就寝。






三男坊の声が聞こえる。





小声で…


三男坊:「お父さん、お父さん、
トイレに行きたくて目を開けたら…
プレゼントが置いててんけど…どうしょう…」と。



そこだけ聞こえてオカンはまた爆睡した。



次に目を覚ますと朝だった。



寝床に三男坊は居ないし、
もちろんプレゼントも置いてない。


一階へ下りていくと
包装紙がクチャクチャになっていて(やっぱり)
箱を開けてニヤニヤしている三男坊がいた。




オカン:「サンタさん来てくれたんや!」


三男坊:「そうやねん♪
2時頃、トイレに起きたら置いててん♪」


オカン:「2時頃!(ヤバ!ギリギリセーフ!)
え?サンタさんの姿見たん?」


三男坊:「見てないねんけどな、これ(包装紙)に
包んであって、ここにこのサンタさんが乗っててさ!
このサンタさんクオリティー高いよな!」





↑このサンタさん

クオリティー高いって言うてもうて
思わずオカンは「オカンが作ったのだ」と
言ってしまいそうになる(笑)



オカン:「そんなサンタさん乗ってたんや~
それってサンタさん作ったんかな?
トナカイと作ってるんかな?
世界中の子供達の作ってるんかな?
いっぱい作らなアカンし1人では無理やんな。」


三男坊:「工場で作ってるんかな。
ガシーンガシーンっていっぱい機械で
作ってるんかもしれんで!(笑)」



オカン:「大量生産してるんかな~~。
それにしても第一希望の野球盤で良かったやん!」



三男坊:「せやねん♪」



オカン:「2時頃にプレゼントに気づいた時に
中身野球盤って分かったん?見たん?」


三男坊:「野球盤かな?でも何か分からんな…って
思いながらトイレに行ってまた寝た。
朝まで開けたらアカンと思って寝た。」



オカン:「中身気になって寝れへんかったやろ。」


三男坊:「うん。全然寝られへんかった(笑)」






素直やな。

オカンが子供なら
絶対に朝まで待たずに開けてるなと(これこれ)








何年か前も野球盤を
サンタさんにプレゼントしてもらったけど
今回の野球盤はボールが空中を飛び、





前の野球盤の電光掲示板(左)は
カラーじゃないのだけれど
今年の野球盤の電光掲示板(右)は
オーロラビジョンなのですよ。
それが凄いらしいんですよ。


オカンにはいまいち分からんけれど…
かなり昔から野球盤ってあるけれど
ボールが空中に飛んだり、
電光掲示板がオーロラビジョンになるまでに
そない年月を必要とするのかな?と。

こんだけ技術が進歩しているのに…と(笑)


来年の野球盤は
「選手の関節がまげられる!」とかなり、
再来年の野球盤は
「選手が人工知能!」とかになるのではと
オカンは予想している(笑)


来年まではまだ良いけれど、
再来年の人工知能の選手は
三男坊が野球盤したくなくても
勝手にプレイしちゃったり、
学校で勉強中の三男坊に
「三男坊~野球盤やろうぜ~」って
学校まで呼びに来るほどの知能があるねんで
なんて話をしたら
「そんな怖い野球盤は要らんわ」と三男坊。





オネェ投げっぽい
今の選手で良いよね(笑)







サンタさん:「喜んでくれてワシも嬉しい♪」







サンタさん:「隠蔽成功じゃの♪」
コメント

バレてほしい様なバレてほしくない様な

2017-12-24 | ブログ
はい。
いよいよ、今夜置きます。

三男坊の枕元に
コソーリ、コソーリと立ち
プレゼント置きますよ。


ラッピングをお店に頼むと
お店がバレてしまうので…
いや、鈍感な三男坊は
気づきもしないで
無我夢中に包装紙を破り
ヤッターヤッターと
ヤッターマンみたいに
喜ぶことだろうから
包装紙なんて見てなどいない
可能性は高いのだけれど
せめてものオカンの演出
ということで包装紙は
気づかれにくい物を選んでいる。


分かる人は分かる。




「それ100均のやろ?」て(笑)




ええ、100均でラス1のを選びました。


三男坊と100均の店で買い物してる時に
包装紙のコーナーで柄を三男坊が見ていて
記憶なんてしていたものなら

「あ、これ100均に売ってた包装紙や!
サンタさんもダイソー行くねんな!」

なんてことになっては
オカンの演出も水の泡だ。


ラス1なら気づくまい。



そして、包装紙の残りも
そのままクルクルして
棚にしまっておいたりしたら
三男坊が見てしまい

「あれ?これ…
サンタさんからのプレゼントが
包んでた包装紙と一緒や!」

なんて気づかれてしまう。




残りの包装紙は
柄を内側にしてクルクル巻いて
見えないように柄を隠して
棚にしまっておいた。



そうだ、また、使うために(笑)
(エコ~)


そこまでしてバレたくないのか?
いや、もう、そろそろ…
バレても良いと思っているのに
このコソコソとした隠蔽作業はなんだ。
なんなのだろうかと。




しかし、あれだな、
包装紙を英字にすれば
三男坊は絶対に疑わないと思い
これにしたのはいいけれど…
あまりにも、殺風景だな。



ここに何か付けたいところだけれど
どうせ三男坊のことだ、
無我夢中に包装紙を破るに違いない。

そんな所に経費を使うわけにいかない。
(エコ~)





ここは余り物で!
手作りだ!





ゴソゴソ…

確か…ここに…

画用紙が有ったよな…


これをサンタさんにして…


顔は…フェルトで……


後は綿で隠せば何とかなるかな……





っと、ホッチキスやら糊でくっつけて





サンタさん完成♪



目とか描いたら
オカンが描いたって
バレそうな気がしたから
窪みで表現してみたら
なんか北欧から来た感でた(笑)
(北欧のことそんな知らんけど~~)








ホッチキスを隠す為に
マスキングテープ買った時に
パッケージに貼ってあった
Merry Christmasの
マスキングテープを貼る。


うん。
これならバレない!
(バレてもええねんけど~~)







こうやってサンタさんを立たせて
枕元に置くことにする。




そして、翌朝、
「良かったやん♪サンタさん来てくれたな♪」と
三男坊にバレないように言い、
初めて見たプレゼント~~
みたいなリアクションをする
隠蔽オカンの気持ちを
三男坊は知らない。
(いつまで続くの~~)



コメント (2)