10mo4han*

ともよはん*

寝ボケ

2017-02-28 | ブログ
何もしてないのよ。
何もしてないまま
今日で2月も終わるのよ。

はい。
こんにちは。

仕事休みの日。
昨年までは
休みの日にあれしてこれして
ほんでからあれしてこれして~
ってやりたいこといっぱいあったのに
何だか今年に入ってから
何もしたくないんだよね。

ずっと寝てたいくらい。

食べて寝てたい(笑)


そう。
この間、夕飯食べたすぐに
三男坊が横になろうとしたのよ。

「食べたすぐに横になったら牛になるで!」

そう言うと驚いた顔してスッと
起き上がる三男坊。

もっすご気にすんのよ。
そういうこと言うとね。

三男坊:「ホンマに?牛なんの?」

次男:「胃が膨張して破裂するで。」

三男坊:「えっ!Σ(゚ロ゚;)」

長男:「なるなる!」

三男坊:「嘘やろ?Σ(゚ロ゚;)」

長男次男:「マジやで!」

三男坊:「どうしょう・・・」

オカンが言うた牛なるいう件は
もう解決したんかな?ん?どうかな?

三男坊:「ホンマに破裂すんの?」

私に問いかけてくる。

私:「牛になってから胃が破裂する!」

長男次男:「そうそう。」

三男坊:「どうしょう・・・」

私:「もう起き上がってるから大丈夫!」

三男坊:「でも・・・さっきちょっと・・・
横になってしもたもん!大丈夫かな・・・」


あ・・・めんどくさいぞ。
めんどくさい感じになってきたぞ。


私:「あのな、食べてすぐに横になったら
ちゃんと消化されへんからアカンでって
そういうのを何回言うても分からん人が
昔いたんかな?いたんやろな~
せやから牛になるって言うたら
横にならへんかったんかな?
ならへんかったんやろな~
そんなこんなで昔からそう言うねん。
でもな、お母さんな、牛になった人
今まで見たことないわ。
墓で転けたら猫になるとかも言うけど~」


三男坊:「えっ!Σ(゚ロ゚;)
墓で転けたら~猫になんの?」


最後まで聞けよと。
最後まで聞かんとビックリすなと。


次男:「俺むしろ猫になりたい♪
墓で転けてみようかな(笑)」


私:「残念ながら転けた人を見たけれど
猫にはなってなかったわ。」


三男坊:「なんで猫になんの?Σ(゚ロ゚;)
転けたらどうしょう・・・大丈夫かな・・・」


だから聞けよと。
今、猫にならへんかった言うたやん。


私:「猫にはならんのよ!
墓で走ったら危ないやん?
転けて墓石とかで頭打ってごらんよ。
どうなる?頭われるな!
そう!血出るな!
お墓参り来てんのに
そんなことなってみいや
ご先祖さんに心配させるわな~
そんなことなったら困る。
そう!だから走って転ぶようなことを
しない為にそう言うてんわ。」


三男坊:「え・・・でも・・・
僕ちょっと横になったから・・・」


え?え?
まだ牛気にしてる?
え?え?
猫は?
猫になるって件は分かったのかな?
ん?どうかな?


長男:「三男坊!話聞いてる?
食べてスグ寝ても牛にはならへん!
お父さんなんて食べながら寝てるけど
牛になってへんやろ?」


私:「食べながら寝るよな~(笑)
離乳食時期の赤ちゃんか!いうねん。
なっ!お父さん牛にもなってへんし
胃が破裂もしてへんやろ?」

三男坊:「うん。大丈夫やな(^-^)」


オトンの例でやっとこさ納得した三男坊。


私:「せやけどヤバイよな。
お父さん食べながら寝る時あるの
あれ大丈夫かな・・・
次男の寝ボケも酷いけどさ・・・
あのオトンの食べながら寝るのも
寝ボケみたいなもんかな・・・」


長男:「お前(次男)の寝ボケは
ホンマに酷いで~怖いもんな~」

私:「怖い怖い。」

次男:「覚えてる時もあんねんけどさ・・・
寝ボケに関してはホンマにゴメン^^;」


次男はお風呂に入ってから
部屋で横になってしまうことが多く
布団の上で寝ないと風邪をひくからと
布団の上で寝るようにと起こすと

「分かった・・・分かったって!」と
少しキレ気味に起き上がり部屋を出ます。

「どこ行くの!
布団で寝てや言うてんねで!」と止めると

「分かってるから!
違うって!分かってるって!」と
キレ気味でやはり部屋を出るので
トイレにでも行くのかと放置してると
ガラガラガラ~と
風呂の戸を開ける音がして
風呂に入って行きます。

「もう風呂入ったんやで!」

そう起こした者によく突っ込まれてます。


それを翌朝覚えてる時もあれば
全く覚えてない時もあるとかで
ちょっと心配で正月に姉や兄に
その話をしてみたら・・・

「ウチもそんなんあるで(笑)」と。


思春期あるあるっぽかったので
少し安心したんですけども。


私:「お父さんも次男の寝ボケを
酷いとか言うてるけどさ~
食べながら寝るオッサンも
たいがいやでな(笑)
付き合ってる時なんてさ
電話の途中で寝てた時あったで。
電話で面白い話をしててさ~
ほんでどうなったと思う?って
オチを言おうとした時にさ~
zzzzzz・・・って寝息が聞こえてさ~
もしもし?あれ?もしもし?
zzzzzz・・・
寝てる?もしかして寝てんの?
zzzzzz・・・・・・って感じで
お母さん腹たって『もうええわ!』って
電話切って寝てんやんか。
そしたらちょっとしてから電話かかってきて
『もしかして・・・途中で寝た?』やて。
オチを言えへんまま話が中断してたけど
今更オチを言うのもアホらしいから
『もう寝とこか!』言うて電話切った(笑)」


長男:「そらそうなるよな。」

次男:「なるな。」

三男坊:「あのさ~これってさ~」

↑三男坊は牛も猫も寝ボケも関係ない
また別の話をふってくるのである。


昔の写真を整理していたら
微笑ましい次男の小さい時の写真が出てきた。




この写真好き。


コメント

この人と暮らしていけと・・・

2017-02-24 | ブログ
大家族のオカンになっている・・・
そんな夢を見たんです。

旦那は同じでしたが
子供達が違いました。

何人子供がいたのか
ハッキリ把握出来なかったんだけど
ザックリ数えて・・・
7人はいましたね。

一番下の赤ちゃんが
真っ黒の物体を吐きました。

大変!
救急車!
と大慌てです。

私:「119やんな?」
旦那:「119や!」

急いで電話のダイヤルを押しますが
「117」とか「109」とか「111」とか
まともに押せなくて
歯がゆい思いをします。

その間に旦那が一番下の赤ちゃんを
病院へ連れて行きました。

吐いた黒い物体を持って行かなきゃ!

私はそう思い、
黒い物体をビニールに入れようと
ビニール袋を持って
黒い物体の元へ行きます。

するとそこに義母が。
義母は実在の義母出演(笑)

掃除してました。
夢でも掃除してましたよ。
夢でもレレレのババアしてましたよ。

義母:「だらしない母親やから
子供が誤飲しても分からへんねんな~
子供が可愛そうやわ~~」

と、嫌味なことを言うてましたよ。


義母の相手をしてる時間はないので
スルーして黒い物体をビニール袋へ入れて
病院へ行こうとしていると
旦那が赤ちゃんを連れて帰ってきました。

旦那:「大したことなかったわ(^-^)」と。


皆、ホッと安心して
その後、外で遊びました。

お兄ちゃんお姉ちゃん達が
末っ子の赤ちゃんをあやしながら
楽しく遊んでいるのを
微笑ましく見ていました。

するとそこに陥没した道路が現れて
巨大な生コン車が入ってきて
陥没した部分にコンクリートを
流し入れはじめたんですけど
その入れ方が雑い感じで
周りにコンクリートを撒き散らしながら
作業しだしたので
子供達にコンクリートが
かかると危ないから
私は子供達を避難させるんですよ。

避難させてホッとしていたら
私の方へコンクリートがとんできて
それをよけているうちに
家族とはぐれてしまいました。

ここは何処?

全く分からなくなりました。

街の中をさ迷い歩くんですけど
怪しいお店ばかりが並ぶ繁華街で
ここにいても家に帰れそうにないな・・・
と街を出て移動し
次に瓦礫が積まれたような所を
歩いていたんですよ。

こんな所・・・
家族どころか人っ子1人いないよな・・・
と諦めかけた時に

「オーイ!そこの人!ここ!ここ来て!」と
お爺さんの声が。


瓦礫の上から周りを見渡し
声の方を見てみると
瓦礫の間にお爺さんが挟まっていた。

大変!
そう思ったのだけれど
お爺さんは
挟まりたくて挟まっていた。
とても居心地良く挟まっていた(笑)

そのお爺さんは死神博士のような人で
話を聞くと瓦礫に挟まりながら
私が来るのを待っていたと言う。

お爺さん:「これを渡したくてな。」

そういって瓦礫の下を指さす。

お爺さんは挟まりたくて挟まっているので
瓦礫の間から出てこようとしない。

私にその渡したい物を取る様に言う。

大きな大きな窓付き茶封筒。
こんもりと厚みがあり
こんな厚みがあるのなら
封筒ではなく箱にすれば?と
思うほどの厚みがある。
というか・・・
どこに売ってんの?
こんな大きい茶封筒って思うくらいの
大きさなのだ。


お爺さん:「その茶封筒を開けてみ。」

そう言われて私は茶封筒の封を切る。

上から覗くと
人の頭が見えた。

よく見ると実物大の人形だ。

とてもリアルな仕上がりで
ギョッとした。

髪の色は金髪で
てっぺんがアルシンドの様になっていた。

お爺さん:「茶封筒から全部出して見てみ。」


私はその人形を茶封筒から
持ち上げる様に出してみる。

重い・・・

かなり重い。

やっとこさ首辺りまで
持ち上げることが出来た。

青い目の成人男性の人形だ。

後頭部にメモが貼ってある。

私:「なまえは・・・」

メモの文章を読む。

お爺さん:「名前はアンタが前に付けたんやで。
この人形はずっとここでアンタを待ってた。
これからはこの人形と暮らすのじゃ・・・」


役目を果たした様に安心するお爺さんと
これからこの人形と私は
どうやって暮らしていけと?と
瓦礫の上で途方に暮れているところで
夢終わりましたよ。





名前は「さくら」やて。

なんでやねん(笑)
コメント

セピア色

2017-02-22 | ブログ
ふと思い出したのだけれど
子供の頃、高熱が出ると
視界がセピア色になったな・・・と。

大人になると
そんなことはなくなって・・・
今となっては
熱が高くなっていても
気づかないくらい
鈍くなったな・・・
色んなとこ(笑)
なんて思ってたんですけどね。

高熱じゃなくても
セピア色になることがあったな。
それも子供の頃だけれど・・・
よく同じ夢をみてね。
昔、家にあったゼンマイ時計の音が
コチコチコチコチ・・・
聴こえてくるんですよ。
もう置いてないのに
コチコチ・・・ボーンボーン・・・って。
そのゼンマイ時計の音が鳴る夢が
始まりだすととても不安な気持ちになり
目を開けるんですよね。
目を開ければ夢が終わるからと
目を開けてみるんですよ。

そしたらね、いつも視界がセピア色。

目を覚ましているのに
熱もないのにセピア色なんだよね。

怖い。
また来た。
怖い。

好きな物を見よう!と
ベットの傍に置いている
ぬいぐるみを見るんですけど
ぬいぐるみがガーーーッと
迫ってくるかの様に
大きく見えるんですよ。
ガーーーッと。

怖い。
また来た。
怖い。

他の物を見よう。
ぬいぐるみ以外の
他の物を・・・・・・と
ベットの周りにある物を
色々見るんだけれど
見る物すべてが
ガーーーッと迫ってくるかの様に
大きく見えるんですよ。

アカン!
もうアカン!

そうなったら・・・
もうアカンのです。

バッ!と布団から出て
階段を急いでタタタと下りて
オトンとオカンが寝てる布団の中へ
サッと潜り込みに行くんですよ。

オカン:「どうしたん?」

私:「・・・・・・。怖い・・・。」

説明しても分かってもらえないから
いつもそれだけ言って
朝までそこで寝るんだけど
あれはいったい・・・
なんだったのかと。

それもいつ頃からか
見なくなったんだけれど・・・
今見ても怖いと思うのかな。

熱の時にセピア色になること
かなり後になってから
友達にその話をしてみたら
『セピア色になったことないわ~』とか
『そんなん聞いたことないわ~』とか
言われてしまったので
何か私はオカシイのかな・・・と思ってたら
ある時に兄ちゃんがサラッと
「熱出た時ってセピア色になるやん?」と
高熱あるあるみたいにサラッと言うた時に
「なるよな!なるやんな!
高熱の時にセピア色になるやんな!」って
なんだか救われた気持ちになって
兄ちゃんが何の話をしたのか
後半の話がまったく入ってこなかった
という記憶がある(笑)

夜中に聴こえる怖い
井戸端会議の様な囁き声・・・も
私にだけ聴こえると思ってたのが
兄ちゃんと兄の嫁も聴こえたことある
って言ってた話はまたの機会に。




夕飯の買出しに行くと
「タイムサービスですよ~」と
苺大福がお安くなっていた。

美味しそう♪
買っちゃお♪

5個入りのパックがなかったので
『苺大福5個欲しいんですけど・・・』と
店主さんに言ってみると
「この6個入りのパックので
1個オマケしとくわ(^-^)」と
店主のおじちゃんオマケしてくれた。

嬉しくて・・・
好きになりそうなったわ(笑)

これ先に言うたら
オマケしてもらえへんねで。
よくいるやん?
オマケしとこかな・・・と思ってる時に
「5個でええねんけどな~
この6個入り買うしオマケしてさ~」
オマケしてさ~やったらまだマシやけど
「オマケしときさ!」
なんて先に言うてたら
『それはちょっと・・・^^;
もう安くさしてもうてます~』って
オマケしてもらえへんやつやで。
ガメツイおばはん達はその辺のところ
学習して謙虚にお買い物しましょうね(笑)

この1個オマケしてもらった苺大福は
食べても太らない旦那へあげました。

美味しかった♪
コメント

雨風

2017-02-21 | ブログ


すっげー雨風で
傘なんて何の役にもたたん日でしたわ。


長男:「CD借りてきたで。」

オカン:「何借りてきたん?」


やなぎなぎの3枚も借りてくれてるやん♪


オカン:「これとこれとこれとこれとこれ
録音してもらえると嬉しいな~」

と選んだCDをオカン爆睡してる間に
全部録音してくれていた。

ありがたい♪
疲れが吹っ飛んだ(*´▽`*)



コメント

○○デート

2017-02-18 | ブログ
少し寒さがゆるみましたかね?
どうですかね?

何かね・・・
風邪なのか花粉症なのか
いまいち分からないのだけれど
くしゃみがよく出ます。
誰だ!噂してるのは!

はい。
こんにちは。

昨日、旦那が有給とりまして
私もお休みいただいて
病院デートですよ。

病院行く日が重なっただけですけどね。
一緒に病院行った~って言うよりも
病院デートした~って言う方が
何か耳触りが良いかなと(笑)

診察を終え、
薬を処方してもらい、
このまま帰るのも何なので
昼ごはん久しぶりに
2人で行こうかってことになり
旦那に何処へ行きたいか聞くと
知り合いの方が経営している
ラーメン屋さんへ行きたいと。

以前、旦那が同じ職場で働いていた方で
その頃からラーメン屋さんを経営したいと
いう話を聞いていた旦那。

私も旦那からその話を聞いていたので
ラーメン屋さんをオープンされて
ご活躍されているのを雑誌なので見かけては
「行きたいな~食べに行きたいな~」
って言うてたんですけど
なかなか行けないまま
時だけが過ぎていたので
「行こう!ラーメン食べに行こう!」
ということでラーメンデートですよ(笑)

しつこいよいですが・・・

ラーメン食べたい気持ちが一致したのでね。
一緒にラーメン屋さん行った~って言うよりも
ラーメンデートした~って言う方が
何か耳触りが良いかなと(笑)

私達夫婦はそんなに
ラーメンに詳しくないんですよ。

ラーメン通ではないので
「美味しい♪」と思うか
「あんまり好きな味じゃないな」と思うか
それくらいの表現しか出来ないんですよ。

このスープはどこどこのラーメンに似てるけど
この麺はどこどこのラーメンがなんやらで
チャーシューはどこどこのラーメンがどうで
なんてのも全く分からないし
そんなの分からなかったら
ムッとされたりするような
そんなラーメン屋さんだったら
入りづらいよな・・・なんて思うほどで
ラーメンを食べる時に
並んだこともないんですよ。

だって、並んでるラーメン店って
ラーメン通のお客さんばっかり並んでる
って思ってしまうからね。
何か緊張するんですよ(笑)

そんな気持ちでラーメン屋さんへgo!

行列が出来てましたよ。

列に並んで待っている間に
「ラーメン食べるのに並ぶって初じゃない?」
とか言いながら
ワクワクドキドキしながら待ちました。

『○○君、覚えてくれてるかな・・・(笑)』
なんて旦那が言ってるので
「全然覚えてなかったら・・・
覚えてなくてもかまへんやん。
○○君がラーメン作ってる姿見ながら
感慨深くラーメン食べて帰ろ(笑)」
そんな話をしながら待ちましたよ。

やっとこさ、列の先頭にきて
ドア越しに中で働いてる
○○君の姿を見た旦那が
『あ!○○君や!会釈してくれた!
会釈してくれたけど・・・
お客さんに対しての会釈かもな・・・
覚えてますよって会釈じゃないかもな(笑)』


お前は女子か!


私は心の中で旦那に突っ込む(笑)


そうこうしているうちに
順番が来て中へ入れることに。


入ってスグに
○○君:「いらっしゃいませ♪
○○さん!お久しぶりです。
○○さんやってスグに分かりましたよ(^-^)」


って覚えてくれてたんですよ。

良かったな旦那。
覚えてくれてやったで旦那。
私も嬉しい(^-^)


旦那:『やっと食べに来られたわ(^-^)』


なんかね・・・
再会の番組観てるそんな気分でしたよ(笑)



チャーシュー盛り♪

チャーシュー美味しかった♪
飲み込みたくなかったもんね。
ずっと噛んでたいくらい。





泡立ち系鶏白湯ラーメン。

塩と醤油があったのだけれど
塩の方をいただきました(^-^)


旦那:『美味い♪好きな味(^-^)』
私:「美味しい♪好きな味や(^-^)」

店内もカフェ風で騒がしくなく
女性1人でも入れる雰囲気なので
ゆったりとした気持ちで
ラーメンをいただけましたよ。


次に来た時に
醤油味も食べてみたいな♪

そう言いながら美味しく完食ですよ。


ごちそうさまでした♪
また来ます(^-^)

そう言って店を出て
「美味しかったな♪
○○君覚えてくれてて良かったな(笑)」
って旦那に言うと
『うん♪』と照れながら頷く旦那・・・


お前は女子か!(笑)

コメント (2)