我が家のねんりん

木の成長過程は年輪に刻まれる
家づくりの結果はその後の暮らしに現れる

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

坪単価とは一体

2017-01-25 11:17:39 | お役立ち情報
2日連続で「太った?」と言われ、ダイエットを敢行。

早速、コーディネーター姉さんの勧めで
お弁当のご飯を少な目で注文、という修行。

地道にがんばります(´・ω・`)


さて坪単価ですが

家づくりに関わる金額が、なんとなくわかるという
安心材料になりますよね。

住宅展示場の中でも、40万円~100万円など、本当に色々です。

私も以前は、坪単価を聞かれると
「だいたい70万くらいですかねー。あ、でも90万くらいの方もいます」

なんて言っていましたが・・・(^▽^;)
この時点で30坪だと、600万円の差がでてきますね。
しかし、これが事実です。


では、「家を建てる値段=坪数×坪単価 +諸費用は大体、その2割~3割」の中身とは?

まずそもそも、モデルハウスで説明される「坪単価」は、

基準がバラバラです。

―税込か、税抜か。(だいたいは税抜きです)
―どこまで入っているのか(例えば、エアコンや電球、カーテンは含まれているのか)
―住宅設備も含まれているなら、どんなグレードなのか。
―真四角の家でも、凸凹が多い家でもそれくらいの価格なのか。
(一般的に、形が複雑になるほど価格は割高になります。)
などなど。


坪単価を参考にするなら、ここまではっきりさせてから
比べてみると分かりやすいですよ!


次に諸経費
これは、建てる場所や家の形によって、かかってくるものは様々です。
ざっと挙げると、こんな感じ


ある方は、800万円。ある方は、300万円。

実際に、坪単価で考えていたら予算オーバー
リビングを小さくしたり、憧れのキッチンを諦めたり、

といった事態にもなっているようなので、あてにしすぎないのが良いでしょう!

注文住宅は、オーダーメイドです。


坪単価とは、あくまで業者が見積もりを効率的に作るために出来た言葉であり、

お客様目線のものではないんですよ。



「じゃ、どうすればいいんだ!!!」と言われてしまいそうですが・・・

まずは金額を知りたい!という方は

モデルハウスで、「なんかいいな」と思うメーカーには、
遠慮なく、お見積りを御願いしてみてくださいね(^^)/

金額という判断材料があって、初めて家作りを検討できるのではないでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 専門用語・・・みたいなもの | トップ | ワンタッチで!QRコード »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お役立ち情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。