憲法を改正して、自分の国は自分で守らないと多くの人が犠牲になる

既成の政治家では、もう、日本は守れない!8年前から北朝鮮による危機を唱えていた幸福実現党に国政を任せるしか道しかない。

「心の操縦法」を知らない現代人に伝えたいこと。心を認めないのは、ハンドルのない車に乗っているようなもの・大川隆法総裁

2017-06-04 13:23:48 | 日記

実際に、心というものが実体としてあり、

この心のありようが、自分の人生を変え、未来を開いていきます。


そして、この事実を知った人には、ちょうど、

車のハンドル操作をおぼえた人が道を自由に走れるようになるのと同じことが起きるわけです。


逆に言えば、「心がない」と思っている人は、

ハンドルがあるのを知らずに車に乗っているようなものでしょう。


しかし、アクセルとブレーキだけで、ハンドルがない車に乗せられたら、

たまらないと思います。(中略)


やはり、アクセルとブレーキはいるにしても、

ハンドルがあるために運転ができるようになるのです。


ところが、このハンドル部分を、「ない」と思っている人がいます。

あるいは、「ハンドルを動かせるのは自分だ」ということを知らない人がいるわけです。


(中略)運転している人間が『』と言われる部分であり、

車体の部分、乗ってるマイカー自体は『肉体』である。


この肉体の部分に魂が宿っているのであって、

これが、車を運転している人間にあたるのだ。ということになります。


さらに、人間の魂のなかで、特に考えたり判断しているのが、

いわゆる「」という部分です。

このような人生観が大切です。

「伝道の法」より抜粋

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「日本人は政府に監視されて... | トップ | 「一日の二十四時間を 、どう... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。