憲法を改正して、自分の国は自分で守らないと多くの人が犠牲になる

既成の政治家では、もう、日本は守れない!8年前から北朝鮮による危機を唱えていた幸福実現党に国政を任せるしか道しかない。

ウソをついても平気で神仏を信じない、政治家達に投票し続ける限り、天変地異はなくならず税金は上がり続ける。正しい信仰心を持った政治家を選ぶべきだ

2017-07-26 20:37:37 | 日記

大川隆法「無神論者が国のトップに立つとき、「天変地異、津波、大地震」は起きる

大川隆法 著「天照大神の御教えを伝える」(30P)より抜粋

天照大神の霊言

『以前、社会党の村山富市政権政権が成り立ったとき、阪神・淡路大震災が1995年に起きました。あの時に、初めて正月に伊勢神宮に参拝しない総理がいたのだけれども、そのあと慌てて参拝に来るというようなこともありました。

そうした、そもそも神を信じていないような人が国のトップに立つときには、そういう事件が起きやすいのです。

特に民主党政権のなかでは、2代目の菅直人が、無神論の傾向が極めて強い考え方を持っていました。

彼は、かたちだけは四国の遍路のまねぐらいはしたかもしれないけれど、「実際上、そのようなものを信じている人ではない」と、私は思っておりますので、彼が首相の時期に、大きな天変地異(東日本大震災)が象徴的に日本を襲ったわけです』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  

http://the-liberty.com/article.php?item_id=13222

北九州・新潟・島根・広島で異常な豪雨 どこも軍事的な重要地点ばかり!?

台風3号や梅雨前線の影響により、新潟県、島根県、広島県、福岡県、大分県などが、立て続けに「大雨特別警報」や「避難指示」などが出るレベルの豪雨に見舞われています。



⇒こうした異常災害について、古今東西で「政治や人心の乱れに対する天の警告」という見方があります。

「政治の乱れ」について振り返ってみると、「北朝鮮がとうとうICBM(大陸間弾道ミサイル)を発射した緊迫した状況にもかかわらず、国会は『加計学園』問題で揉め、都議選では、『劇場政治』で関心を集める都民ファーストの会が圧勝するなど、政局争いばかりが続いている」ということが思い当たります。

特に豪雨が激しい地域は、国防の面で重要な場所が多いです。

北朝鮮が5月29日に発射したミサイルは、新潟県佐渡島から約500キロ、島根県隠岐諸島から約300キロの日本の排他的経済水域内に落下しました。広島県は、原爆が落ちた場所ですが、北朝鮮の核ミサイルの脅威を象徴しているかのようです。九州北部についても、中国の侵略を受ける可能性がある地であり、「元寇」の舞台でもありました。

天災については、大川隆法・幸福の科学総裁と、大川裕太・幸福の科学常務理事の公開対談『政治の意味』(6月17日収録)において、大川総裁は「共謀罪や加計学園問題のところので揺れていることや、天皇生前退位の法律が通ったことなどを見ると、何となく、また天変地異みたいなものが来るのではないか、という感じはあります」と指摘しています。

「日本の政治が壊滅する前に、考え方を改め、軍事的危機に備えよ」というメッセージが、一連の災害に込められているのかもしれません。

参考

三千年以上、日本を守ってきた日本の神々への信仰をなくしたことが天変地異、大地震の原因だ 

http://blog.goo.ne.jp/1079sasa/e/678e5fc1dfb1551888ff9ea56fc3930b  

大川隆法・天照大神の霊言「これほど信仰心のない不浄な国民だったら、私は、もう、・・」衝撃です。

http://blog.goo.ne.jp/1079sasa/e/60ea54ee03e3430a2a11a625141cb5a6  

大川隆法 著「天照大神の未来日記」で熊本地震は予言されていた?  

http://blog.goo.ne.jp/1079sasa/e/600948667f5f6b18b2b473d71dc54171  

大川隆法・天照大神の霊言「大改心かそれとも絶滅か」国民はどちらを選ぶのか! 

http://blog.goo.ne.jp/1079sasa/e/1ae79987d7ab03637f40eeeed1e4b81f?fm=entry_awp 

大川隆法・天照大神の霊言「日本は神々がひしめく偉大な国」  

http://blog.goo.ne.jp/1079sasa/e/b81b93a1f54bb24673ba88abae41ac04  

大川隆法 ・天照大神の予言「日本列島が沈んでも、ゼロから国ずくりをする覚悟である」 

http://blog.goo.ne.jp/1079sasa/e/13825f9391e92bd4df4624c130ad6f83

天照大神 

天照大神(あまてらす・おおみかみ)は日本の神様の中で最高神の地位を占める神様で、太陽の神であり、高天原(たかまがはら)の主宰神です。天照大神を祀る神社神明神社といい、全国各地にあるが、その総本社は神宮(伊勢神宮)の内宮(皇大神宮)である。

 戦前には一家に必ずあった、神棚には天照大神が祀られています。 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医師の日野原重明氏が105 歳... | トップ | 重度の障害を持つ息子と過ご... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL