憲法を改正して、自分の国は自分で守らないと多くの人が犠牲になる

既成の政治家では、もう、日本は守れない!8年前から北朝鮮による危機を唱えていた幸福実現党に国政を任せるしか道しかない。

松下幸之助に見る成功への道 死の宣告をも乗り越えた努力・幸之助の努力論

2017-01-04 14:29:16 | 日記

 松下幸之助に見る成功への道 死の宣告をも乗り越えた努力
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12420 幸福の科学出版

大いなる成功者の人生を紐解くと、人一倍苦労に苦労を重ねていることに気づかされます。挫折や困難を人生の砥石として勇ましく乗り越えてきたその姿は、私たちに「成功へ至る道」を指し示してくれます。

今回は「経営の神様」として、今なお多くの人から尊敬を集める、松下電器産業(現パナソニック)の創業者・松下幸之助の人生から、「成功への道」を探していきます。


◎9歳から親元を離れ丁稚奉公に

1894年、日清戦争のさなか、幸之助は和歌山県の裕福な地主の3男として生まれました。しかし、父親が米相場に手を出し失敗。一家は困窮を極め、幸之助も9歳にして小学校を中退し、丁稚奉公(でっちぼうこう)に出されました。

「自転車屋で奉公しているとき、寒い朝、冷たい水で手を真っ赤にしながら家の表の拭き掃除をしていると、『行ってきます』という声が聞こえた。ふと見ると、向かい側の家の同じ年の子が学校に出かけるときだった。実にうらやましく思った。しかし、そのたびに、身分が違うのだ。望んでもかなわないことだ、あきらめなさいと心の中で言い、手を切る冷たい水でぞうきんをしぼったものだ」

当時のことを幸之助はこのように述懐しています。近所の同世代の子供が父母に見守られ学校に通う一方、幸之助は愚痴を言わずに、自身の与えられた仕事を一生懸命にやり抜きます。


◎医者から死の宣告を受ける

1910年、15歳の時に幸之助は憧れの大阪電灯で働き始めます。幸之助は仕事に打ち込みますが、齢20ほどにして、医者から肺尖カタル(初期の結核)と宣告されます。当時結核は、10人中8人は助からない不治の病でした。

医者からは故郷で養生するようにと言われますが、すでに両親も親戚もいない幸之助に帰る田舎はありません。加えて、食いつなぐあてもありませんでした。

そこで幸之助は「どうせ同じ死ぬのであれば、養生して寝ながら死ぬよりも、働けるだけ働いて死ぬ方がいい」と考え、ますます仕事に精を出します。結果として、病気はそれ以上悪くならず、幸之助は94歳まで人生を全うしました。


幸之助の努力論

これらのエピソードから分かるように、幸之助はまさしく努力の人でした。

「運命が90%である。しかし残りの10%は、人間の努力に任せられている。船が大きいか小さいかは運命。しかし舵の部分は人間に任せられた努力の部分」「小便が赤くなるほどの努力をしたか。それほどの努力をせずして成功を望むことは、傲慢というものだ」

運命を嘆いていても現状は変わらないが、10%に全力を尽くせば、道が拓けるかもしれない。幸之助の努力にかける思いが分かります。

加えて、幸之助は日々の努力のなかに「反省」という項目を盛り込みました。

「布団に入ってすぐ寝てはいけない。しばらくのあいだ、きょうの仕事を振り返って反省してみることだ」「今日一日を振り返ってみると、反省すべきことがいくらでもある。その反省に徹したとき、あらゆる面に革新が生まれてくる」

これらの言葉からは、日々を漫然と生きるのではなく、絶えず改善していく姿勢が見て取れます。全ての原因を己に帰する姿勢です。

実際、松下電器を立ち上げてから業績不振に陥った時にも、幸之助は決して外部環境のせいにはしませんでした。不振の原因は100%社内にあるとして、商品、技術、販売、組織の全部にわたって徹底的に再点検することを社員に求めたといいます。

全てを自身の責任とみなし、「改善」にどん欲であったことが、幸之助、そして松下電器を成功へと導いたのでしょう。


◎努力の先に見える成功

決して言い訳をせず、与えられた環境のなかで最大限に努力をする。そして、常に自身に責任を問い、日々に改善を重ねていく——。

これらのことを徹底してやり遂げた者のみが、「過去の苦難困難のお陰で今がある」と言えるような成功者の境地にたどり着けるのでしょう。幸之助の人生は、どのような場所からでも成功に行き着くことができることを、私たちに教えてくれます。(片岡眞有子)

(文中の参考資料)
『松翁論語』松下幸之助述・江口克彦記、『松下幸之助成功の実現』伊吹卓著、『松下幸之助とその社員は逆境をいかに乗り越えたか』唐津一著など

【関連書籍】
幸福の科学出版 『伝道の法』 大川隆法著
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1777

幸福の科学出版 『「経営成功学の原点」としての松下幸之助の発想』 大川隆法著
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1251

幸福の科学出版 『松下幸之助「事業成功の秘訣」を語る』 大川隆法著
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1372

【関連記事】
2016年11月10日付本欄 【偉人妻に学ぶ】 松下幸之助・本田宗一郎の妻に見る「夫を成功させる力」
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12181

2013年5月号 仕事で実績をあげ続けるための一流の勉強法
http://the-liberty.com/article.php?item_id=5788

2005年7月号 繁栄を築いた人たち 松下幸之助
http://the-liberty.com/article.php?item_id=260

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  習政権が全公務員の取締強化... | トップ | 「トランプ革命」に取り残さ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。