憲法を改正して、自分の国は自分で守らないと多くの人が犠牲になる

既成の政治家では、もう、日本は守れない!8年前から北朝鮮による危機を唱えていた幸福実現党に国政を任せるしか道しかない。

自虐史観を粉砕し、き然と反論せよ! 『中国兵たちの悪行に辟易していた南京市民たちは、日本軍の入城を歓声をもって迎えた。』

2017-08-07 12:39:51 | 日記

南京大虐殺などまったくなかったことを中国から主張、恫喝され、反論できない情けない政治家達よ。

正しい歴史を学び、その心に刷り込まれた自虐史観を粉砕し、き然と反論せよ!

『中国兵たちの悪行に辟易していた南京市民たちは、日本軍の入城を歓声をもって迎えた。』

この写真は日本軍の入城式の日(1937年12月17日)に、食糧やタバコの配給を受け、

歓声をもって迎える南京市民ら。

市民がつけている日の丸の腕章は、民間人に化けた中国兵ではないことを証明するために、

日本軍が南京市民全員に配ったものである(毎日版支那事変画報 1938.1.11発行)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本に核があったら原爆投下... | トップ | 「南京大虐殺」はなかった。... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。