憲法を改正して、自分の国は自分で守らないと多くの人が犠牲になる

既成の政治家では、もう、日本は守れない!8年前から北朝鮮による危機を唱えていた幸福実現党に国政を任せるしか道しかない。

高浜原発ようやく再稼動 経済効果は2000億円!?申請されているものは19基。それらが止まっているため、国内総生産が実質で年間8千億円押し下げられている

2017-03-30 08:53:15 | 日記


http://the-liberty.com/article.php?item_id=12791  幸福の科学出版

福井県の高浜原発3、4号の再稼動が28日、ようやく認められました。これで、5基目の再稼動となります。

今回の再稼動を受けて関西電力は、早ければ今夏にも電気料金を数%値下げる意向を示しています。

⇒今回のニュースの注目ポイントは、「高浜原発再稼動の経済効果は年間2000億円規模」ということです。逆に言えば、高浜原発が止められることによって、それだけの経済的損失が出ていたということです。

高浜原発は今まで、「再稼動が認められては、止められる」ことを繰り返してきました。

原子力規制委員会の審査は、2015年2月の段階ですでに合格していました。それにも関わらず、4月に福井県の住民に裁判を起こされ、稼動停止という「仮処分」を下されました。

それに対して関西電力は裁判所に「異議申し立て」をして「仮処分」の取り消しに成功。2016年1月には高浜をなんとか再稼動させました。

しかし3月、今度は滋賀県の住民に裁判を起こされ、再び稼動停止の「仮処分」にされてしまった。それに対して関西電力は激しく反論し、今回の再稼動を勝ち得た形です。

この2年以上の無駄な年月は、何だったのでしょうか……。

ちなみに、福井県・滋賀県の両住民のバックには、脱原発を訴える弁護士グループがいます。彼らは、全国の「原発を止めろ」という訴訟に"出張"しています。

全国44基の原発のうち、「絶対安全だから稼動させて下さい」と申請されているものは19基。それらが止まっているため、国内総生産が実質で年間8千億円押し下げられていると言われています(日本エネルギー経済研究所試算)。再稼動したのは、3.11から6年経った今でも、今回の件も含めて5基のみ。

無駄な国富の流出を、一刻も早く止めなければなりません。

【関連記事】
2015年12月号 原発ゼロは安全か!? 「再稼動遅れ」の4大リスク
http://the-liberty.com/article.php?item_id=10346

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 月刊BOSS増刊号『一冊まるご... | トップ | 東芝が製造業史上最大の赤字!... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。