憲法を改正して、自分の国は自分で守らないと多くの人が犠牲になる

既成の政治家では、もう、日本は守れない!8年前から北朝鮮による危機を唱えていた幸福実現党に国政を任せるしか道しかない。

韓国極左政権による朝鮮統一退陣デモやロウソクデモは北朝鮮の工作員によって行われている。次期大統領選が韓国の未来を決める

2017-04-05 20:40:28 | 日記

韓国極左政権による朝鮮統一[HRPニュースファイル1801]

http://hrp-newsfile.jp/2017/3137/

 幸福実現党 HS政経塾 第6期生 山本慈(やまもと・めぐみ)

 ◆弾劾裁判の結果

朴槿恵(パク・クネ)容疑者の友人である崔順実(チェ・スンシル)氏の国政介入が発覚した昨年10月24日から、約5か月が経過しました。

前日30日の逮捕状審査では、9時間にわたる尋問に「身の潔白」を主張し続けたそうです。

朴容疑者は任期中、年に一度の年頭会見のみメディアと交流していました。しかし、弾劾期間中1月に記者会見を開き、事件関与の否定を世論に訴えかけ、必死の姿勢を見せていました。

しかし、本人の弁明も空しく、31日未明に朴容疑者は逮捕され、ソウル拘置所へ移送されることになりました。

 ◆韓国世論分断

事件発覚後、ソウルでは毎週末、左派勢力による大統領退陣を求める大規模集会が過去最大規模で行われていました。

その後、保守勢力による「弾劾無効」デモが退陣デモの参加者数を超える規模で行われましたが、メディア報道されないまま、世論を変えられず、今なお、拘置所前で逮捕反対デモが行われています。

また保守派のインタビューから、退陣デモやロウソクデモは北朝鮮の工作員によって行われていることが分かり、1987年から始まった民主化運動の中で、北朝鮮の工作員が水面下に潜み、現在の左翼デモの中心となっていると言われています。

今回の弾劾裁判により、世論は大きく分断し、次期大統領選に大きな影響を与えることでしょう。

 ◆次期大統領選が韓国の未来を決める

次期大統領選では、革新系政党「共に民主党」から文在寅(ムン・ジェイン)氏、革新系政党「国民の党」から安哲秀(アン・チョルス)氏が躍進し、保守陣営は足並みがそろっていない状況にあります。

文氏は、「従北」「反日」の政治家として知られ、高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備延期や、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の見直し、日韓合意の無効を訴えています。

支持率は現在トップに位置し、先日行われた予備選挙で2位と圧倒的な差をつけ、勝利しました。

もし文氏が当選すれば、「従北」方針になることが懸念されています。マティス米国務長官は、THAAD配備を着実に進めることを念頭に、2月2日訪韓時、両政府で一致しました。

しかし、文氏が大統領となり、THAAD配備延期を決定すれば、アメリカとの安全保障関係の歩調がずれることになるでしょう。

また日韓合意撤回と日韓軍事情報包括保護協定の見直し内容によれば、日本との関係はさらに冷え込み、日韓米関係が破綻することが想定されます。

この想定通りになれば、韓国は瞬く間に「赤化」し、違う形の朝鮮半島統一になるでしょう。

なお、THAAD配備延期は中国と北朝鮮への配慮として主張していると考えられています。

 ◆日本ができること

現在も審議にかけられつつありますが、日本本土にもTHAAD配備することを検討しなければなりません。韓国で配備できないならば、抑止力として、日本はTHAADを配備すべきと考えます。

また韓国が北朝鮮と統一されれば、核兵器は間違いなく完成することと、もし平和裏に韓国が北朝鮮を統一したとしても、核ミサイルを保持できるようになるため、どちらにしても日本の安全保障の危機となります。

次期大統領選は隣国の大統領を決めることで、日本は関係ないと感じる人が多いかもしれません。

しかし、朝鮮半島が平和でない以上、日本は隣国の動きをしっかり観察し、日本がどう行動していかなければならないか考えなければならないでしょう。

参考資料
産経ニュース / 読売新聞 / 「SAPIO」4月号 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もし先月の北ミサイル4発が、... | トップ | 日銀の異次元緩和が4年目を向... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。