憲法を改正して、自分の国は自分で守らないと多くの人が犠牲になる

既成の政治家では、もう、日本は守れない!8年前から北朝鮮による危機を唱えていた幸福実現党に国政を任せるしか道しかない。

永遠の生命を生きてればこそ、今世(こんぜ)の人生が魅力あるものとなる・大川隆法総裁

2017-03-16 14:52:32 | 日記

何ゆえに、自分の人生が数十年で燃え尽きてしまうに考えるでしょうか。

そして、それをと当然のことのように思うのでしょうか。


それを素晴らしい事のように思うのでしょうか。私には、その理由がわかりません。


永遠の生命を生きてればこそ、今世(こんぜ)の人生が魅力あるものとなっていくのでは

ないでしょうか。

そういう考え方があるからこそ人生に生きがいがあるのではないでしょうか。


そういう考え方があるからこそ、「多くの人々のために生きてみたい」と思うのではないでしょうか。

このように考えたときに、「永遠の生命」という観点から見て、「今世において、何か新しい物を、自分なりに発見し、積み重ねる。発明する」ということが大事なのではないかと思います。

『成功の法』より抜粋

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ローラの守護霊インタビュー... | トップ | ティラーソン米国務長官が就... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事