すべてが0になる

幸せとはその瞬間だけに見える幻想なのかもしれない

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

駐車違反の逃げ方

2006年07月15日 14時09分31秒 | ニュースよろず
ステッカー貼られても出頭しない---施行状況に明確に現れる


これは盲点でした。
なるほど。反則金は同じで点数は引かれない。
今までの逃げたもん勝ちよりは一段下がったけど、まだこんな逃げ道があったとは。


聞いた話で自分で試した事は無いのですが・・・
以前のシステムの場合、再三の反則金納付や出頭要請をシカトし続けていると、
裁判所に移行して、略式起訴?だかされるシステムになっていました。
が、裁判所も忙しく、たかだか駐禁ごときの為に手続き取るほど暇では無いそうで
結局起訴されることも無くお流れになるのが通例だったそうです。

つまり、放置しておけばお金は払わなくていいわけです。
確か点数はしっかり引かれるはずですが。


今度はその逆になったわけですね。
点数は引かれずお金だけ取られる。
点数がヤバイ人とかにとっては喜ばしいシステムになったと言えましょう。


なんでこうザルな法律ばっかり作るかなぁ・・・
喫煙禁止条例も取り締まる人が誰なのかも不明だし、見たことも無いし。

ちなみに、今まで毎日のように会社の前に来ていた警察は、民間委託開始初日以降
一度も見ていません
ここは民間委託の範囲でもありません。
おかげで路駐し放題。

何やってんだかなぁ・・・。
ジャンル:
社会
コメント (0) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 日本の教育者はバカですか? | トップ | キチガイ日記 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。