azusa flutter

ayami yasuyhoのダンサー・栃本あずさが時々思ったオモイ。

移行

2017-03-15 | 思うこと
ここ最近は大きく季節のうつりが肌で感じることが多くなりました。

毎晩、六甲の山から降りてくる強い風が吹き荒れることが多くなり、冬の空気と春の空気を

交換してるかのように感じます。

そして鳥たちは愛し合い、つがいで仲良く大空を飛び交い、愛をささやきあったり、

求愛する姿をよく見かけます。

愛に満ちた大空は幸せな気持ちをばらまいてくれてるかのように、私たちに微笑ましさを与えてくれます。

桜の木は赤黒い幹と枝になり、大きく呼吸をして冬よりかは幹や枝が太くなってきました。

小さな草花も生き生きとし、小さな花を咲かせています。

季節が大きく、ゆっくりとうつりゆく日々。

生きることの大切さを感じることに感謝します。


今日の海はとてもきれいでした。

青色は穏やかではあるが、力強く勢いがあります。

いろんなエネルギーを受け取れることは本当にありがたいです。


体調を崩しやすいこの季節、心は常に変動し、時についてゆけなくなります。

身体はこの変化になじむことが出来ず、心は身体から離れ先走ってしまってます。

人の流れも多くあり、卒業や引っ越しを良く目にします。

うつりゆく季節。

どこかウキウキしたり、切なくオモイにふけったり・・・。

今のこの空気を味わって、自分を見失うことなく呼吸を大切にしていきたい。

自分の身体にオモイをよせていきたい。

そんな事を感じました。












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 満月 | トップ | 2017年4月のワークショップの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。