西都モノクローム

西都大好きな男が、徒然なるままに街のこと、写真のこと、空手のこと語ります。

明日、いや今日閉会です。

2011-06-30 00:29:01 | 日記
大切な問題をずっと、議員間で議論を戦わせていました。
今日(もう12時を過ぎているので昨日ですが、あえて今日という表記にします)、担当の委員会が参考人招致をして頂きました。
参考人として、忙しい中来て頂いた皆様には心より感謝申し上げます。
今日の委員会を傍聴(私は担当委員会でないので)しながら、互いの考え、行動にある程度相互理解が出来たと思っています。
参考人としてこられた方も、議会が本当に心配して、この問題を考えているんだと、理解してくれたら幸いです。

傍聴しながら思いました、やはり目指している方向は、同じだと(市民の最大幸福のために)、そこに向かう方法に互いが理解しきれなかったと・・、だから無意味な軋轢が生じたんだと・・。私はそう理解したいと思います。

やはり互いが(これはどちらもです)、相手の考えを尊重して(理解しようと努めるの意味)同じ場で意見を言い合うことがどれほど大切か、わかりました。

色々な立場の方がおられます、ここは市民の思いをくみ取り、立場を越えて交流しながらの環境整備が必要かなと思います。

明日は閉会です、良い方向の結論が表明できて、終了できること心より願っています。

PS(さいきんpsが多いな・・と言う声が)10時半過ぎまで、委員会の結論を聞くため市役所にいました。長い討議のうえで良き方向に行こうと思って委員会をされた委員の皆様、有り難うございました、お疲れ様でした。また参考人招致の際の意見を文章化するために、遅くまで仕事をされた議会事務局、議案にたいする担当課の健康管理課のみなさん、そして市長室の皆さん有り難うございました、そしてお疲れ様でした、良き方向に進んでいきたいと心から思っています。
最後に今日稽古に参加できず、また狩野・関谷両指導員に稽古見て頂きました。
有り難うございます、感謝致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

印画紙

2011-06-29 18:55:47 | 日記
 ある写真店から、全紙の印画紙使わないけど、いる?
というありがたい申し出をいただきました。
すでに皆さんご存じのように、私はド貧乏なので、こんな話は大好きです(印画紙は結構高いのです)。
勿論、多少期限は過ぎているようなのですが、食べて食中毒になるわけでないので、ノープロブレムです。

 あとは、私のもつ超暗室技術(笑い声が聞こえる)で、素晴らしいプリントを作ることです。
 ただ、近頃遠ざかっている暗室作業を、おこなう情熱をいかに高めるかです。
 只気温が高く、クーラーがない暗室での作業は、素晴らしいプリントを作るための情熱に水をそそぎます。

ホント最近、暗室作業にとんと遠ざかっています・・・・。
どげんかせんといかん(どっかで聞いた言葉だな~)
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出来事

2011-06-28 16:55:17 | 日記
今日は午後から産業建設常任委員会で調査をする予定でしたので、午前中に用事を片づけようと考えていました。
それなのに今日の朝、妻が「あーどうしようと」わざと、私の前で(聞こえるよう)に言います。
勿論、聞こえなかったふりも出来るのですが、フェミニストの私は「どうしたの?」と(たいした用事でないことを願いつつ)聞いてあげました。

どうやら飼い猫の「ブッチ」が怪我をしているみたいで、動物病院に連れて行ってとの用事でした。
私の頭の中で、千円札が何枚かヒラヒラと空に飛んでいく様が思い浮かびました。
前に書きましたが今、家に4匹います。
以前は5匹だったんですが、キジという雌猫は避妊手術をしたとたん、どっかに行っちゃいました。
勿論うちの猫は、完全なる雑種ですが、かかったお金はそこそこの血統書付きの猫ほどになりつつあります。
考えるに金銭対策のため、アメリカンショートヘアーに似ている雄のトラを売ったろうかなと思っている浅はかな私です(勿論ウソですよ、祖母の大のお気に入りです)。
で、診断の結果たぶん他の猫にかまれたんだろうということで、化膿止め、痛み止め、点滴を打ちました。
そして、いつものように(たぶん)私のお小遣いがヒラヒラと~、飛んでいく~。

う~む、ペットはお金を食いますね。
でも、元気がなく憔悴しきっているペットをみると、しょうがないですね。
はやく良くなれ、「ブッチ」もう怪我なんてするなよ~(減らせるほどの小遣いはすでに無いよ)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何のために、頑張っているのか?

2011-06-28 00:21:09 | 日記
なるたけ、何のためにという目的を明確にして物事を考え、行動していきたいと思っています。

事が起きたとき、人々はまとまるものです(再開とか復興とかに向かって)、ところが時間と共にそれは薄れていき、いつしか何のためにやっているか忘れ去ってしまいがちになります。

もし対立するいくつかの動き、行動があった場合、私は「それはどんな目的のために」と互いに問い直す(または思いやる)必要があると思います。
もしかすると、互いに問い合うことで、衝突するかもしれませんし、いやな思いをするかもしれません。

ですが、その事に目を向けず、憶測、噂、などで対立を続けるより遙かに事は収まると考えています。
その対立が、関係のない一般市民を巻き込みそうならなおのことです。

彼らは何を考えているか、自分たちの考えと何が違うのか、素直な気持ちで相手の考えを理解する努力をし、自分の心に素直に問いただすべきです。
それが、「あれっ、自分たちとそう変わらないぞ」と気づくことになるかもしれません

それが失われると、意地の張り合いが、チキンゲームになり、そして取り返しの付かない状況になるのです。
勝ち負けにこだわるのは、むなしい考えだろうと思います。
大切なのは、真の目的を達成するため(たとえば市民の安全と安心を作り上げる)、あえて負けた形を取ることも必要かなと思うのです。
そんなとき賢治の詩を思ってしまいます。

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
欲ハナク
決シテ瞋(いか)ラズ
イツモシズカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲ食ベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ蔭ノ
小サナ萱ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ッテコワガラナクテモイイトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒデリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハ
ナリタイ

決して力の論理じゃ、物事は動きません、憎しみの連鎖につながるだけです。
相互理解(相手を思いやる心)と、協力こそが物事を動かすと私は信じたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これから何を楽しみに・・

2011-06-26 22:52:54 | 日記
見たいけど、来て欲しくない日でした。
「jin」最終回を見終わりました。

あえて、原作の漫画を遠ざけて、TVドラマだけを全身で受けようと思っていました。
いったいどんな最終回になるんだろうと思っていましたが、すごくよくまた腑に落ちる最終話でした。

このブログを見て頂いているファン(と言わせてください)の皆様はとうに知っていると思いますが(だから何?という怒りの声が聞こえる)
村上春樹さんの小説で設定としてあるパラレルワールドが上手く織り込んでいました。

パラレルワールドと歴史の修正力を上手く織り込み、その中で消せることの出来ない「愛」を伝えてくれました。
なかなか見ることの出来ない、素晴らしいテレビドラマでした。
毎回、感涙していました。

で、これから私は何を楽しみに一週間を過ごせばよいのでしょうか?

PS・咲さんのお母さん役の麻生さんは「39枚の年賀状」で一緒にお仕事させて頂きましたが、あのときも涙を流すシーンが多くて、私は麻生さんの涙ばっかり撮っていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加