西都モノクローム

西都大好きな男が、徒然なるままに街のこと、写真のこと、空手のこと語ります。

第22回 宮崎県市議会議員研修会

2017-07-26 23:36:50 | 日記

2年に一回県市議会では研修を行っています

このような研修はとてもありがたく、積極的に参加さていただいています

今回参加した議員は10名(18人中)でした

さて現在宮崎県の人口は108万9千人そのうちで市の人口は91万1千人です

9市の役割が宮崎県でいかに大きいかの現れです

さて本日の講師は全国都道府県議長会 議会制度研究アドバイザーの野村稔さんです

いつものように箇条書きで(今回野村先生が資料としてまとめていただいたものがあります、それを書きます。なおかっこ内はいつものように私の思いです)

①地方議会の役割

*執行機関を監視し、政策を提言する(これが一番です)

*団体意思を決定する

*二元代表制の意義(仮に横暴な首長が出現した場合、それを止めるのは議会だけ)

②議員

*法令は話せばわかる人を前提としている(だから討論が大事です)

*議会政治は互譲の政治である(わがまま言いぱなっしでは政治は前に進みません、十分討議し譲るべきことは譲って、実行力のあるよりよき政治を目指す)

*議員は住民代表であるから品位を守る(はげ~!とか言ってはダメです)

*地域の要望を議会で提言する(これが、私の足りなかったとこです・・)

*議員は自治会長と異なり、住民全体の代表者である(こちらの思いのほうが強かった)

*対立でなく、政策を出し合い協調する(政策を戦わせて、市民の未来のため協調することは大事だと思います)

*住民は、議会の活動を知らないので、議員の評価が低い(これは現実です、議員は議会の状況を市民に知ってもらう努力が必要です)

*議員報告は正確な情報を提供する(自分の都合の良い話にする議員がたまにいます)

*傍聴人を多くする努力をする(議会を知ってもらういい機会です、さいとでは区長会で定期的に傍聴に来ていただいてます、ありがたいです)

③発言

*質疑とは、議案等の不明確な点について、提出者等の説明や意見を質するもので、自分の意見を述べることができない(その通りだと思います)

*質問とは、地方公共団体の行政事務全般にわたり疑問点を聴き、意見を述べることができる(市民の声をいかに届けるかが大切です、そのため質問という形で提案しています)

*一般質問の発言通告は詳細に書く(質問でのだまし討ちみたいなことは、質問者は気持ちいかもしれませんが、決して市民のためになりません。本番前にいかに討論していくかが大事です)

*同じ住民の代表だから他の議員の発言をよく聞き、同じ質問はしない(議員の質が問われます)

*読むのではなく、簡潔に話す(原稿の棒読みはやはりおかしいと思います)

*選良の議員にふさわしい品位のある発言をする(国会で耳をふさぎたくなるやじがあります)

*動議は事前に通告する(行政側を困らせるのが目的でなく、よりよき政策にしていくのが目的ですから・・)

長くなったので続きは明日書きますね・・・

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« photo264MIYAZAKI準備、県宅... | トップ | 総務常任委員会、昨日の続き... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。