西都モノクローム

西都大好きな男が、徒然なるままに街のこと、写真のこと、空手のこと語ります。

自治体財政、今日の稽古、自分の稽古

2017-07-12 21:56:18 | 日記

この二、三日昼間は空手道連盟の業務、保護司、宅建などでバタバタしています

その間、時間を見つけ自治体の財政について勉強しています

これについては前回議員の時、いろいろな研修に行かせてもらってある程度の知識は得ましたが、議員じゃない時期が3年ほどあったので、それらの期間を含めおさらいです

また詳しくお話ししますが、すごく状況は良くなっています、財政は黒字ですし、実質公債費比率、将来負担比率ともに優れています

財政改善に一所懸命取り組んだ成果だと思います

今年も地方自治体財政について学ぶ機会があれば進んで受講したいと思います

また、これらの結果が出る要因、などをしっかり把握して行政側に提言していきたいと思っています

さて今日の稽古内容です、年に二回の南空会の昇級・段審査を来週行います

なるだけ全員昇級してほしいと思い、審査用の稽古です

といってもいつものように基本稽古が中心ですが

順突きと逆突き

ワンツウー

立方、引手など細かく注意です

体育館に入ったら、それぞれグループ分けして稽古です

私は一般を中心に見ました

一般はいよいよ黒帯への門の前に立っています

何とかが頑張ってほしいです

さて通常の稽古では指導が中心で自分の稽古ができません

特に道場生が40人ほどになると、なおの事自分の稽古をしている時間はありません

で、自分の稽古は朝と夜に分離して行っています、といっても絶対的な時間不足です

私は松濤館の流祖船越先生がおっしゃった、「あらゆることを空手化せ、そこに妙味あり」(松濤20訓の10番目)を日常生活にいかそうとしています

朝の交通安全挨拶の時は、行く前上体の横ねじり、前後左右側伸ばしを行います

肩に棒を担いでそれが正確に動いているか確認しながらです

おのおの10回ほどやると、体が目覚めます

次は大腰筋のストレッチです、レッグレンジ風に前屈たちをとり、腰を中(下)に入れます

歩くときは(人が見てないところでは・・見られると通報されるかも)能式歩きです

膝を曲げ、腰をひねらず下腹部を前に進めながら足が後からついていくような歩き方です

交通安全から帰ってくると、タイヤ突きです

突くときは会派の神原会長から指導されたことを守りながらです

「突きの初動は肩甲骨、次肘、最後に拳が飛ぶ」

最近きずいたことがあります、私は右利きで、左に比べ圧倒的に力は強いし、器用です

ですが、突いてみると、左のほうが(派手さはないけど)どうも強い気がします

原因を探ると、どうも右は器用だから力で突くやり方が抜けず、その反対に左は不器用ゆえに基本通り肩甲骨から始動するやり方が身に着いたのじゃないかということです

タイヤの動きから判断しました

事務仕事の合間時間があれば、素振りと形です

素振りは5尺5寸で2.5㎏の棒を振ります、大学時代に道場に8角棒があり、それを振っていたことがあります、それを継承しています

形はゆっくりと行います、範囲は2畳ほどのスペースで行います

通常の運足でなく、スイッチしながら行うので2畳ほどのスペースでできます

このブログで依然紹介しましたが、三浦先生から言われた

「歳を取ったら、形の稽古はゆっくりやる、体をコントロールし、軸の意識、重心の意識を確認しながら」を実践しています

そして、技の運用を考えながら行うと、「なんて面白いんだ!」と声が出ます

空手を私に与えてくれた神様に感謝です

南空会の子供たちもまずは競技生活をしっかりとやってほしいけど、競技生活が終わったら空手はしない、じゃなく、仕事をしながら生涯武道として空手を日常の中に生かしていってほしいなと思っています

空手の先人たちは、人格を形成する手段として空手をとらえていたのだと思います

 

ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 事務仕事 | トップ | どうやって生きていくか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。