西都モノクローム

西都大好きな男が、徒然なるままに街のこと、写真のこと、空手のこと語ります。

東京巡礼2017・・2日目

2017-08-09 16:12:28 | 日記

夕方、綾瀬から北千住、そこで電車を乗り換えて三ノ輪で降りた

夕方といっても、むしむしする暑さのなか、荒木さんの生家跡に向かった

三ノ輪は昭和の香りが色濃く残っている町だ

人懐こい猫が私を見ると、グルンと1回転

荒木さんが新婚生活を送ったフラワーマンションの前を通りかかった

三脚につけたペンタックス6x7を抱えて、この階段を上り下りしていたんだ

「わが愛、陽子」と同じようなまちかど

陽子さんが眠っている浄閑寺は5時で門が締り、中に入れなかった

永井荷風が、「死んだらここに埋葬してくれ」と願った、投げ込み寺

2005年でも同じように撮っていた

荒木さんの生家があった場所

でっかい下駄がトレードマークだった

今は駐車場

暑かったけど、三ノ輪を歩いてみた

三ノ輪らしい風景

都電荒川線

昭和っぽさが、あちらこちらに

電車のある風景

商店街は懐かしい雰囲気にあふれている

荒木さんも陽子さんもこのように、夕ご飯のおかずを買っていたんだろうな

高架下の壁には

入谷に向かった歩いた

荒木さんの高校は上野にあった、いつも歩いて通っていたと書いてあった

このような風景も見ていたんだろう

レトロな銭湯

入谷から上野にむかった

日は暮れ始めた

道が街を変えた

上野についた

夜の上野は初めてだった

ガード下は上野ぽっさが残っている

教え子たちと食事をした

食事を終え、入谷まで歩いて帰った

飲み足りないことに気づいた

コンビニでハイボールを買って

眠りについた

コメント
この記事をはてなブックマークに追加