スピリチュアル小説

SF・ファンタジー・チャネリング小説

【Pino】10-8

2017-03-21 | SFファンタジー小説
8「夢職人ミホコ」

私は夢職人ミホコ。仕事は依頼者の夢を実現にする手助けする事。
 
依頼者本人が望む職業は別世界(パラレルワールド)のもう一人の
自分が既に手がけているケースが多いんです。

そこからの情報をこちらの依頼者の深層意識に植え込む作業をします。
 
するとこちらの依頼者は約二ヶ月という短期間でそれを習得出来ます。
当然無いようにもよりますが・・・

理屈はこうです。パラレルの自分とこちらの自分は必ず繫がってます。
だから情報の収集が結構簡単なんです。  

依頼者は自分の望む才能を手に入れ、それを職業としたり趣味に活かしたり
出来ます。それがけっこう無理なく出来るんです。なんせ自分のことだから。 

今のところクレームはありません。
 
大まかな基本は私が作成しますが、あとは本人次第となります。 

ここだけの話、歌手のYやKさんはお客さんのひとりです。

芸術の世界ではH・山形もそう。

基本的に分野は問いません。依頼者が頭でなりたいと考える人物や
職業は既に別世界(パラレルワールド)の自分が経験してる可能性があります。
 
そこに行って意識を借りてきてこちらの依頼者の深層意識に植え付ける作業を
約ふた月繰り返すやり方です。 

別世界の自分が経験してない場合は見本になるお好みの人物の意識を
植え付ける方法もします。 

但し、前者よりも時間は掛かりますが基本的には可能です。

先だって文学好きの青年が来て、「吉川英治を尊敬してるのでその
意識を取り込んで小説を書きたい」との依頼を引き受けました。 

後日依頼者本人の書いた小説を見せてもらいましたが作風は吉川英治
そのもので、似すぎていて面白味に欠けていました。

だから全てが上手くいくとは限りません。

今日もひとりの依頼者が訪れた。


 「ごめん下さい」 

「はい、いらっしゃいませ。どうぞお掛け下さい」 

還暦をとうに過ぎたと思われる上品なご婦人だった。

「あのう、実は今年65歳になりますが子供の頃から長年助産師に
なるのが夢だったんです。生命の誕生をこの手で受け止めたかったんです。 

主人が公務員という事もあり転勤続きの為、ひとつの街で腰を据えて
何かを学ぶと云うことが出来なかったんです。 

この年齢では夢を実現出来ないのは解っていますが、せめて助産師さんの
意識をあじわう事だけでも出来ないでしょうか?」

「確かにお客様の年齢から考えるとこれから仕事に従事するのは
無理かも知れません・・・」 

ご婦人はうなだれ下を向いてしまった。 

ミホコは今までの経験とご婦人の透視から別の方法を探った。
 
ミホコの目が輝いた「こういうのはどうでしょう?別世界のお客様の中に
詩人のお客様がおります。その方もやはり生命の誕生に興味があるようです。 
その意識を取り入れてお客様も詩を作るんです。

普通の詩と違い生命の誕生を題材にして人間はもとより動物の誕生をも詩に
託すというのはどうでしょうか? 

年齢も環境も関係なくペンと紙があれば何処ででも出来ますし、
ネット上でしたら無制限に投稿出来ますけど。

当然、沢山の他人の目にも止まります。いかがですか? 

諦めかけていたご婦人の目が輝いた。 

ご婦人が言った「それはいい考えですね。別世界に詩で表現している
私がいるんですね?

私も実は詩が大好きで詩集を何冊も持っています。 

自分では書かないけど不思議と詩に惹かれます。ぜひその方法で宜しく
お願いいたします」

それから2ヶ月が経ちご婦人はネットに投稿し始めた。 

生命の誕生を表現したご婦人特有の表現が、年齢を問わず好評で、
それを見た出版社の目に止まり詩集の発売も決定したと、ミホコの事務所に
最大級のお礼とひとつの詩が同封された手紙が届いた。


 こんな依頼者もあった。 

「僕は建築設計の仕事をしてます。もう25年やってますが僕の作品は
日の目を見たことがありません。

多次元の僕で設計士は存在しないのでしょうか? 

僕自身多少の才能はあると思うのですが、これだけやって認められないと
自信喪失します。もし多次元に設計士の僕がいたらどんな具合か教えて下さい」 

こういう類の相談は厄介だった。 

才能が今生で開花するタイプと、次の生で開花するタイプがあるからだった。

夢職人という商売と意味合いが違うケースだった。 

「残念ですが、私の仕事と意図が違うようです。そのご相談は別の方に
相談なさって下さい」と断るしかなかった。 

多次元の自分が認められていたとしても、こちらもそうなるとは
限らないからである。

安易な事を云えないのもこの商売であった。

「僕は坂本龍馬を生涯の師と思っています。その坂本龍馬の
意識を取り込んで欲しいのです」 

「はい、それは可能ですがひとつ聞かせて下さい。あなたの尊敬する
坂本龍馬は机上の彼なのか?それともあなたが足を使った上での実像に
近い彼なのか?お聞かせ下さいませんか?」 

「はい、映画や小説などで情報を得ましたが・・」 

「そうですか。ひと言いいですか、小説の人間はあくまでも作者の意識化での
想像です。特に過去の偉人は創作が多いようです。  

もし実際と大きくかけ離れていたらあなたはどうなさいますか? 

私が繋がる人物は作りものではなく現実の坂本龍馬なんです。 
小説のように格好いい龍馬とは限りません。それでもよろしいですか?

脅しではありません。忠告と思って下さい。 

彼と重なると云うことは全てを受け入れるという事です。 
万一、期待と違った場合は少し厄介ですよ。 

なにせ深層意識の世界ですから。もういちど龍馬の事をよく調べた上でも
遅くないと思います。 

過去にヘミングウェイにあこがれたお客様がおられて彼を取り込んだんです。 

私もその頃はまだ解っていなかったんです。 

作品は確かにヘミングウェイ風に書けました。 

でも世間が英雄視する人間ヘミングウェイと実際は大きく違ったんです。 

夜は電気を付けないとひとりで眠れないという臆病で気の小さな人物だったんです。

彼の小説は自分には無いあこがれをデフォルメした姿として書いて
いたんですね・・・表向きと実際は大きく違ったんです。

その依頼者を元に戻すのに大変な思いをしました。 

これはひとつの例ですが実際、著名人の方は虚と実の差が私もよく解りません。 

急ぐ事はありません。よく考えて下さい」 

実像と虚像の違いは珍しいことではなかった。

特に書物にされるような著名人や歴史上の偉人は。作者で大きく影響されます。  

それを知るミホコは極力お客様自身のパラレルワールドを勧めるようにしていた。 

パラレルの自分は必ずどこかでこちらの自分と繋がっている事を知っていたから。
>
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【Pino】10-7 | トップ | 【Pino】10-9 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。