Like a fish

~『人類魚人計画』進行中~

圧力鍋で豚の角煮リベンジ(備忘録として)

2017-02-13 | cooking
前回失敗したアレ。

『豚の角煮』

圧力鍋の取り扱い方がわからず、雰囲気で何となく『エイっ!』てやったら↓↓こんな感じに。



真っ黒。

絶望。

混沌と絶望を救ってくれた『お酢』のチカラには感謝してます。



今回はリベンジと、これを忘れないために。



約330gの豚バラブロックを約1センチ幅にカット。

焼き目がつくまで両面カリッと。

余分な油は吸い取って、水から沸騰後約10〜15分。

ヘルシーな角煮を目指して、長めに茹でて余分な油を肉から出す。

圧力鍋に移し各具材投入。



ネギ。

緑の部分は臭み消し。

白い部分は食べる用に。

大根は1/2本。

1センチ幅のいちょう切り。

生姜1個を2〜3ミリ幅で6片。

水は多めに具材が浸るくらいの300〜400cc

調味料は

醤油→だいたい90cc

酒→だいたい90cc

はちみつ→だいたい鍋に3〜4周

本当はみりんを入れるはずだったけど、前回失敗してから買いに行くの忘れて、酒とはちみつを多めに投入。

強火で圧力かかって蒸気が出るまで。

蒸気が出たら弱火で約10分。

その後、火を止めて圧が抜けるまでお風呂休憩。

湯上り後、圧が抜けてたら蓋を取るとこんな感じ↓↓



試し喰いの大根が最高に美味しい。

ビール(発泡酒2本目)が進む。

青ネギ部分を取って、弱火で5分。



出来上がり。

どれどれ。

お肉は・・・・・

ホロホロ崩れる!

やばい!

こいつは旨い!

いや!

旨い!

大根も味がしみて、生姜のピリッと刺激が食欲をそそる。

これは間違いない!

最高の酒のつまみだ!

明日は冷えて浮いて固まった油を取り除き、よりヘルシーに。

頑張った甲斐があった。

煮込んでる間ヒマだったから、青梗菜の煮浸しと、ちくわのチーズ詰めとスナップえんどうを茹でて時間の効率化。

千切りキャベツ作るの忘れた。

明日でいいや。

達成感半端ない夜のお料理でした。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 強化練習会 | トップ | 1日置いて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

cooking」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL