僕の詩集

詩を投稿しております。我流ですが、読みやすいと思います。よろしくお願いします。

僕の詩集No.1288【 遣り手 】

2017-04-19 09:50:01 | 
【 遣り手 】

     にのみや あきら


敏腕家
やりてバアさん
なんて言われるが
物事の処理に優れていて
能力のあるのはいいが
悪事に遣り手では困る
すべて世の中の
幸せのため
平和のためでなければ
遣り手人間は
歓迎されない
遣り手人間は
驕ることなく
その能力を
世のためになるよう
役立てること
決して
思い上がってはならない
神様からの授かりものだ
と思って
増長しないで
事に当たること
それでこそ
遣り手の名が
光る

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩の解説No.619【 時期を... | トップ | 僕の詩の解説No.622【 悲劇の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL