僕の詩集

詩を投稿しております。我流ですが、読みやすいと思います。よろしくお願いします。

僕の詩集No.1106【 しがらみ 】

2016-10-25 09:50:07 | 
 【 しがらみ 】

なぜこんなことに
縛られなければならないのだ
家族
友人

法律
義理
人情
数えたらきりがない
しがらみに
縛られて生きている
これが今の世の中
残念なことに
しがらみを避けては
生きて行けない
社会の仕組み
何時からこうなって
     しまったのだろう
人間の歴史が
積み上げて来た産物
もうどうすることも出来ない
しがらみはいい面と悪い面を
持ち合わせている
しがらみから逃れて
自由に生きたい
しがらみのない
自由な世界で生きたい
独りでもいい
孤立してもいい
孤独でもいい
はみだし人間と
     言われてもいい
しがらみから逃れられるなら
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩の解説No.122【 欲 】 | トップ | 僕の詩の解説No.123【 忠 告 】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL