僕の詩集

詩を投稿しております。我流ですが、読みやすいと思います。よろしくお願いします。

僕の詩の解説No.863【 振り子時計 】

2017-06-02 10:07:35 | 詩の解説
  (再掲載)

 僕の詩集 No.863
  1999.4.20.作

 【 振り子時計 】

  ~故・柴田 勇氏に捧ぐ~

     にのみや あきら


あなたに贈られた
       振り子時計は

今も元気に動いています

なぜあなたは

この世を去ってしまった
         のですか

あなたは誰よりも
      力強い人だった

素晴らしい生命の持ち主
          だった

振り子時計のように

それなのに……

振り子時計に負けてしまった        ようですね

人の命の謎は

生命の神秘は

誰にも解らない

きっと何十億年かけても
   謎は解けないでしょう

あなたの死のように

深い謎ですから


 NO.863.【 振り子時計 】
          の解説

 この作品は、付き合い仲間の一人だった友人が、C型肝炎で若死にされ、その想い出に創った詩です。生前、彼から贈られた振り子時計だけは、元気に動いています。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩集No.1332【 念 頭 】 | トップ | 僕の詩の解説No.865【 人間 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL