僕の詩集

詩を投稿しております。我流ですが、読みやすいと思います。よろしくお願いします。

僕の詩の解説No.154【 己 】

2016-11-12 11:00:09 | 詩の解説
  (再掲載)

 僕の詩集 No.154
  1993.4.9.作

  【 己 】

     にのみや あきら

私の中で生きている

奇人を

あなたは

なぜ奪おうとする

私は

奇人・変人でいい

その方が私らしい

ものわかりのいい

なめらかで他人受けする

そんな人間になる気はない

でも憧れてはいる

でもなれないだろう



 NO.154.【己】の解説

 この詩は、ある変人と言うか、変り者が、自分は物わかりのいい、平凡でつまらない人間にはなりたくない、個性ある奇人変人の方がいい、と言いながら、普通の人間にも憧れている、でも、自分はなれないだろう。と、人間の迷いと欲張った面を表した作品です。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩集No.1129【 朝 と 夜 】 | トップ | 僕の詩の解説No.155【 見知ら... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

詩の解説」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL