僕の詩集

詩を投稿しております。我流ですが、読みやすいと思います。よろしくお願いします。

僕の詩の解説No.710【 迷う現代詩 】

2017-05-14 10:18:01 | 詩の解説
  (再掲載)

 僕の詩集 No.710
  2002.1.9.作

【 迷 う 現 代 詩 】

     にのみや あきら

詩に新しさを
詩の変革を
と、唱えても
新しい詩や変革など
       何処にもない
新しい詩や変革など必要ない
大切なのは
心が存在するかしないかだ


詩に新風を
詩に改革を
詩に新風も改革もいらない
それを意識して
現代詩は
逸脱してしまっている


詩に斬新さを
詩に革命を
詩に斬新さも革命もいらない
その考えかたが現代詩を
失墜させている
現代詩は
原点に戻らなくてはならない


 NO.710.【 迷う現代詩 】
          の解説

 この作品は、現代詩に批判的な私の、現代詩に対する感想と意見を述べた詩です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩の解説No.709【 道 2 】 | トップ | 僕の詩の解説No.712【 正義感 】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL