僕の詩集

詩を投稿しております。我流ですが、読みやすいと思います。よろしくお願いします。

僕の詩の解説No.131【 花 3 】

2016-10-29 14:03:33 | 詩の解説
  (再掲載)


 僕の詩集 No.131

  【 花 3 】


束の間の人生を

あなたは

なにが楽しみで

咲いているのですか

無口なあなたに

こうやって

向かい合っていると

ふと、そんな疑問にかられ

お喋りがしたくなります

でもあなたは黙って微笑むだ

けきっとあなたは

あなたのまわりに
     集まった人たちが

心をなごませて帰ってゆく

後ろ姿を見送るのが

生きがいなのでしょう



 NO.131.【花 3】の解説 
   1993.1.22.作

 この詩は、命の短い花と対話して、花の生きがいを確かめている作品です。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩の解説No.130【 無にか... | トップ | 僕の詩集No.1112【 現代詩へ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL