僕の詩集

詩を投稿しております。我流ですが、読みやすいと思います。よろしくお願いします。

僕の詩No.1262【 異 質 】の解説

2017-07-08 10:04:29 | 詩の解説
  (再掲載)

 僕の詩集No.1262
  1992.12.9.作

 【 異 質 】

    にのみや あきら


芸術家が

人間を見詰める

実業家が

人間を見詰める

でも両者は

見詰め方が違う

目の付け所が違う

同じものを

見詰めても

同じ様に

見詰めても

目的が違う

心の奥底にあるものが

基本的に違うから

自ずと得ようとするものが

違ってくる


NO.1262.【 異 質 】の解説

 この作品は、芸術家と実業家の、物の見方の違い、目的の違い、心の違を詠んだ詩です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩集No.1368【 たわいな... | トップ | 僕の詩No.1263【 金 2 】の解説 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL