僕の詩集

読みやすく解かりやすい詩です。
人間・人生・生きるをテーマに、新作を、一日一篇、投稿しております。是非、ご覧ください。

僕の詩の解説No.721【 非凡な俳人 】

2017-05-17 10:16:35 | 詩の解説
  (再掲載)

 僕の詩集 No.721
 1995.11.12.作

 【 非 凡 な 俳 人 】

     にのみや あきら

山頭火のまねは

私にはできない

ああ、私は

なんて軟弱な人間だ

山頭火に少しでも近づきたい



山頭火のような悲運には

私はならなかった

ああ、私は

不幸な人間だ

悲運は嫌いではないのに


 NO.721.【 非凡な俳人 】
          の解説

 山頭火のことを引き合いに出すのは、おこがましいですが、山頭火と比べて、自分の不甲斐なさを嘆いている詩です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩の解説No.720【 どん詰... | トップ | 僕の詩の解説No.722【 心 中 】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

詩の解説」カテゴリの最新記事